下関の夜

カテゴリ:
前回は山陰本線を乗り通して下関駅に着くところまで書きました。

山陰本線完乗の旅

そのまま進めば1時間程度で家族が泊っている北九州市内の親戚の家にたどり着けます。
しかし遅くにお邪魔して気を遣わせるのもあれですし、せっかくの一人の時間を楽しみたいというのもあります。

ということでこの日は下関に1泊し、北九州へは翌日に向かいます。

ホテルは下関駅の近くの「ホテルウィングインターナショナル下関」を予約していました。
1泊朝食なしで4,400円。
楽天トラベルでポイントを使って予約できたので、懐は痛んでいません。

しかし1週間前になって同じく駅近の「天然温泉関門の湯 ドーミーインPREMIUM下関」が5,490円まで値下がりしていたので、今回はそちらに変更することに。
ドーミーインなら天然温泉とサウナがありますしね〜

ドーミーインは下関駅の東口から出た港の近くにありました。

IMG_4753

下関港は韓国の釜山行きのフェリーが発着する国際ターミナルです。
この日も関釜フェリーが停泊していました。

貨物船では中国の蘇州とのフェリーもありますが、人が乗れるのは関釜フェリーだけです。

下関港を19:45に出発し、釜山港には翌8時に着きます。
(実際の航行時間は8時間で残りは時間調整で港の沖で錨泊)

運賃は二等で9,000円と格安でした。

そんなフェリーターミナルを横目に駅から10分弱歩いて、ホテルに到着。

IMG_4751

IMG_4752

部屋を事前に決められないシークレットプランでしたが、ダブルの部屋を案内してもらえました。


サンライズ出雲のシャワールーム、出雲市駅前のらんぷ湯と2回お風呂(1回はシャワー)に入っていたので、荷物だけ置いて再び街へ。

しかし下関の繁華街は駅の東側ではなくて北側なので、結構距離がありました。

まず向かったのは早田商店。
飲み屋ではなく角打ち専門のお店です。

山陰線の車内で検索していて立ち呑み漂流さんのブログでヒットしました。

おつまみの乾き物を紙の皿で出してくれるのが本格的でステキです。

4年前に親戚のおじさんに北九州の角打ちに連れて行ってもらってその魅力にハマりました。

本場の角打ち 北九州・折尾「高橋酒店」


北九州は石炭関連の労働者を対象とした角打ちでしたが、下関は船舶や海運関連の労働者を対象にした角打ちがルーツだそうです。


IMG_4754

しかしこの日(この時間?)は休みでした…。
先のブログでは夜間に営業している写真もあったので、この日が休みだったんだと思います。

せっかくソープ街の呼び込みを潜り抜けてたどり着いたのに…。

山陰本線完乗の旅

カテゴリ:
前々回の記事からの続きです。

出雲市駅前のスーパー銭湯「らんぷの湯」

「サンライズ出雲」で出雲市駅まで、そこから益田駅までは「スーパーおき」に乗車しました。

山陰本線は起点となる京都駅から島根県の江津駅までは乗車済みです。

残る未乗区間は江津駅から先の幡生駅まで。
偉大なるローカル線を地でいく過疎区間ですが、今回の帰省のどさくさで一気に乗りつぶすことにしました。

「スーパーおき」の終点は益田駅ではなくて、山口線を経由した新山口駅(旧小郡駅)。
そのまま列車に乗っていれば新山口まで行けて楽なんだけどな〜と思いましたが、ここはグッと我慢して山陰周りで向かいます。

IMG_4729

益田 13:28 ⇒(普通・長門市行き)⇒ 15:17 長門市

IMG_4724

入り江のそばには集落があり、その集落には駅がありました。
当たり前のことですが、昔から住みやすいところに人が集まっていたことに感動を覚えます。

IMG_4723

外海の波の高さはこのくらい。

IMG_4726

湾内は鏡のように穏やかです。

IMG_4736

山口県名物のオレンジのガードレール

セイコー オレンジモンスターをオーバーホールに出しました

カテゴリ:
昨年メルカリで衝動買いしたセイコーのオレンジモンスター(SKX781K)ですが、日差がプラス4分と日常では使い物にならない精度でした。

出品時のやり取りでは新品で4年前に購入して動作も問題なしということでしたが…('A`|||)


モンスターシリーズは廃盤というか日本でも正規販売が始まったので、この逆輸入モデルやハック機能の付いたシャークトゥースモデル(SRP309)は相場が上がっています。

僕は見た目もこれらタイプの方が好みなので、修理して使い続けることにしました。


本当は歩度調整だけしてもらえると良かったのですが、相談した時計屋さんでは2店とも断られてしまいました。

最初に問い合わせたのは名古屋の大須にある時計屋さん。
歩度調整だけは受け付けていなくて、オーバーホールはメーカーには送らずに自店で実施して2万円という料金設定。

家の近くの時計屋さんはオーバーホールはメーカー送りで、価格は11,500円(税込み12,420円)でした。

腕時計の定価やムーブメントの種類(クォーツか機械式か)によって価格が決められているようで、オレンジモンスターはメカニカルのBランク(MBランク)でした。


オーバーホールはWEBサイトからセイコーに直接依頼することも可能ですが、その場合は往復の送料(1,700円)が別途掛かるので、近所のこちらのお店でお願いすることにしました。

IMG_4920

期間は約3週間。

なんとか夏には間に合いそうです。

出雲市駅前のスーパー銭湯「らんぷの湯」

カテゴリ:
出雲市駅からは山陰本線を下関まで(正確には幡生まで)ひたすら西に向かいます。

次に乗るスーパーおきの発車時刻(11:36)までは1時間半ほどの猶予があります。

1時間半では出雲大社の参拝はできないですし、 食事をするにも中途半端な時間です。

ということで向かった先はスーパー銭湯「らんぷの湯」

IMG_4704

駅前温泉の名の通り、駅から徒歩1分の場所にありました。

土曜休日料金は750円(平日700円)と地方にしては強気な価格設定に驚きました。
しかし規模はそこまで大きくないもののアメニティの質も高く、サウナや水風呂の温度も好みだったので、とても満足できました。

営業時間が10時からなのもサンライズ出雲の到着時間(9:58)に合わせているように思います。
2018年2月の火事から全面建て替えをされたそうなので、今後も頑張って欲しい温泉です。 

IMG_4705

サウナでととのったあとは駅に戻り、お土産と食料を買い出し。

3年前に三江線に乗りに来た際に食べた出雲そば弁当を食べたかったのですが、なんと駅弁屋さんが廃業されてお弁当もなくなってしまったとのこと。

駅弁の販売自体は別の事業体が継続されていますが、先の件もあって食指が動きませんでした…。

IMG_4710

出雲から益田まではスーパーおきに乗車します。 

GWの始まりはサンライズ出雲から

カテゴリ:
この日は仕事を終えて早々に帰宅。
着替えをしたらまだ帰宅ラッシュが続く東京駅へ。

IMG_4664

サンライズ瀬戸・出雲は発車の15分前に入線。

IMG_4662

列車は明朝の岡山駅で高松行きの「サンライズ瀬戸」と出雲市行きの「サンライズ出雲」に分かれます。

IMG_4665
 
僕は「サンライズ出雲」に乗車。

IMG_4670

サンライズは指定席料金だけで乗れるノビノビ座席を除いて、全ての寝台が個室です。

IMG_4675
 
シングルベッドと気持ち程度のテーブルしかありませんが、この狭さが秘密基地感を生んでいい感じです。

IMG_4689

車内は二階建て構造になっています。

IMG_4688

僕の部屋は上段でしたので、窓が湾曲しています。 
朝の眺めもいいんですが、ベットに横になって流れる夜景を見るのがテンション上がります。  

旅立ちの前に時間調整で晩杯屋へ

カテゴリ:
いよいよGWですね。
僕は今夜から帰省を兼ねて旅に出ます。 

列車の発車までまだ余裕があるので、立ち飲み屋で時間調整しています。

IMG_4656
アジの刺身@250

IMG_4657
煮込み(豆腐のみ)@110

IMG_4653
冷やしトマト@180

IMG_4658
この日のメニュー

晩杯屋は食べ物が安くていいんですが、冷やしトマトとアジ刺しは特にコスパがいいとは思えませんでした。 

富士山麓ハイボール

カテゴリ:
最近ウイスキーというかハイボールにハマっています。

一番好きなのは白州のハイボール。


IMG_4350

しかし「白州」が手軽に入手できないこと、そもそも金額がお高いこともあって、気軽に飲むことができません。


その代替品として見つけたのが同じサントリーの白角。

ハイボールの代名詞となっている角瓶(黄色い方)と同じ角瓶シリーズですが、ブレンドが異なります。

通常の角瓶は山崎蒸留所産のバーボン樽原酒をキーモルトにしていることに対して、白角は白州蒸溜所産のモルト原酒をキーモルトとしています。
白角の方がスッキリとした味わいで、白州に近いテイストです。

そんな白角も原酒不足により3月で休売になってしまいました。

キーモルトである白州蒸溜所産のモルト原酒を白州シリーズに活用していくということでしょうね。

町田市立陸上競技場へ初訪問

カテゴリ:
日曜日に今期2回目のJリーグ観戦に行きました。

訪問先はFC町田ゼルビアのホームスタジアムの町田市立陸上競技場。

町田市立陸上競技場はスタジアムへのアクセスが悪い印象が強く、なかなか足が向かなかったのですが、実際に調べて見たら自宅から1時間で行けました。


スタジアムへのアクセスはバスオンリー。
鶴川駅(小田急)、町田駅(小田急・JR)の2駅からスタジアム直行のシャトルバスが出ています。
(路線バスは他の駅からも出ています)

僕は最もシャトルバスのバスの本数の多い鶴川駅からバスに乗りました。

WEBサイトではスタジアムまで10分とありましたが、実際はその倍以上掛かかりました。

僕がバスに乗ったのがキックオフ1時間半前だったので、ちょうど道路が混み始める時間だったのかもしれません。

IMG_4618

スタジアム前の広場ではスタジアムグルメだけでなく、イベントも開催されていて、ファミリー層が楽しめるように頑張っている感じが伝わってきます。

IMG_4619

IMG_4621
 
町田市立陸上競技場はサッカー専用ではなくて、その名の通りにトラックのある陸上競技場です。
しかし座席もベンチシートではなくて個別席ということもあり期待以上に快適な観戦環境でした。

僕が観戦したのは角度のないバックスタンドですが、角度と高さのあるメインスタンドは見やすそうでした。

IMG_4624

IMG_4625

バックスタンドには屋根が一切ないので、日焼け対策と水分補給は必須です。

IMG_4626

IMG_4627

サポーターはアウェイの大宮の方が多かったですね〜 

サンライズ出雲で帰省

カテゴリ:
ゴールデンウィークは福岡に帰省する予定です。
僕の実家は名古屋ですが、奥さん側の親戚のところに遊びに行きます。

僕だけ遅れて一人で行くので、アクセス方法は趣向を凝らしたいところ。

飛行機(特典航空券):
出足が遅くてマイルで乗れる特典航空券はGW初日の27日(土)は既に満席。26日(金)も午後は全滅。福岡空港以外にも北九州、宇部、岩国、佐賀空港も検索しましたが特典航空券枠は全部満席でした。

飛行機(通常):
空席はあるものの料金は軒並み3万円オーバー。コスパ悪し。

新幹線:
東京⇒博多が17,400円(EX早得)はコスパはベスト。ただ鉄ヲタ的には面白みゼロ。
博多行き最終は東京駅18:50発なので、着替えを考えると26日(金)に乗るなら午後休必須なのがネック。

はかた号:
東京(バスタ新宿)⇔博多を結ぶ夜行バス。"キングオブ深夜バス"に興味はあるものの、渋滞に思いっきり巻き込まれそうなのと、GW期間中はコスパもそんなに良くない(12,000円)ので却下。

阪九フェリー:
神戸⇔新門司を結ぶ大型フェリー。8,470円で個室とお風呂が確保できるのはコスパ良。船内にレストランがあるのも魅力。ただ神戸港までは新幹線か飛行機でアクセスする必要があるのがネック。

サンライズ出雲:
東京駅22時発なので、会社を休まなくてもよいのがGOOD。出雲市まで行くと大回りになるものの、山陰線でグルっと下関まで回れるのは魅力。寝台料金も含めると27,000円ほど掛かるのでコスパは悪。


常識的に考えると新幹線一択なのですが、ヲタ視点だとその選択肢は最後の保険。

まずは2か月前から予約可能な阪九フェリーを押さえて、サンライズ出雲を本命に。
JRの指定券は1か月前の10時から販売なので、3/26に「みどりの窓口」で並んで10時打ちしてもらいましたが、4/26(金)は1分も経たずに売り切れてしまいました。
(僕の前に並んでいた先頭の人も買えず)

響 ジャパニーズハーモニーを購入

カテゴリ:
スーパーに買い物に行くとウイスキーのコーナーをつい覗いてしまいます。

芋焼酎の「赤霧島」が年に2回の限定出荷だった頃は、赤霧の出荷の時期にコンビニ巡りしていました。
今は通年出荷されているので、いつでもどこでも定価で買えるようになってしまったので、興味が薄れてしまいました。
今はレアもの探しの興味が国産ウイスキーにシフトしている感じです。

1年ほど前だとスーパーでも5回に1回くらいはサントリーの国産ウイスキー(山崎、白州、響クラス)を見かけましたが、最近ではその確率も1割を下回っています。

また売っていても1.5倍くらいのプレミアム価格だったり…

なので最近はもっぱらコンビニで売っている180ml瓶だったり、東海道新幹線の車内販売でミニチュアボトルを買ってました。


そんな中で久々に700ml瓶に遭遇。

上記の3つの中では白州が一番好きなのですが、白秋は自宅にストックがあるので、今回は響を買いました。

IMG_20190408_081526

響にはジャパニーズハーモニー(JH)とブレンダーズチョイス(BC)の二種類がありますが、売っていたのはJHの方です。

IMG_20190408_081437
 
定価でも十分いい値段しますが、プレ値だと買う気になれないですねー

このページのトップヘ

見出し画像
×