制県レベル

カテゴリ:
半年ほど前にtwitterで話題になった制県レベル。

訪問した県をレベル分けしてポイントを付けていくのですが、僕は鉄道旅行だけでなく出張も多かったので、かなりの好スコアをマークできました。

制県レベル

制県レベル

全ての県を訪問し、宿泊したことがないのもあと6県だけ。
ちなみに僕の訪問の定義は歩いたことに加えて、その県で食事をしたかどうかです。

メインのブログでも書きましたが、Jリーグのスタジアム訪問率も6割を超えてきているので、頑張って全スタジアム制覇を実現したいところです。

ALBA FIELD GEAR(フィールドギア)電池交換

カテゴリ:
この夏はずーっとApple Watchをしていましたが、10月になって久々に普通の腕時計をしています。

持っている時計の半分以上は機械式なのでほとんどが止まったままの状態ですが、クォーツでも1本止まっている腕時計がありました。

IMG_3024 (1)

ALBA フィールドギア。
現行品だとアルバ ミリタリー(チタン)と呼ばれているモデルです。

自分で電池交換しようと思いましたが、スクリューバックの本格的な防水(20気圧)仕様なので、素直に近所の時計屋さんに持ち込みました。

DSCN4021 (1)

近所の商店街にある時計屋さんの電池交換費用は1,080円。
もちろん防水試験はしてくれませんが、7-8分で作業してくれました。 

オロビアンコのコーヒーカップスリーブ(DIME 付録)

カテゴリ:
雑誌「DIME」の付録であるコーヒーカップスリープを入手しました。

スリーブというとカッコいいというか意識高い感じがしますが、スタバでホットのドリンクを買うとついてくる段ボールのアレです。

20181001_105018172

特にオロビアンコが好きというわけでもないのですが、雑誌の付録としては新しい発想のアイテムだったので思わず買ってしまいました。

といっても雑誌を買ったわけではなく、付録だけメルカリで購入。
「DIME」はdマガジンでも読めるので、雑誌を買ってもあとあと邪魔になるだけなんです…。

IMG_20181001_133932

肝心の使い勝手はそんなに良くなくて、段ボール製の方が持ちやすいです。

20181001_105051419

ただ「なんか変わったものを付けているな」といった雰囲気が出せるので、小物好きな人との会話のきっかけになるかも。

ちなみにDIMEは700円で、付録はメルカリで350円(送料込)でした。

閉店セールでタグホイヤーが40%オフ

カテゴリ:
溝の口のマルイに行ったところショップ閉店による売りつくしセールをやってました。

IMG_2685

どんな時計が売っているか興味があったのでセール会場まで行ってみました。

IMG_2684

セイコー、シチズン、カシオ、ハミルトンは20%オフ。
ティソとルミノックスが30%オフ 。
ニクソンは40%オフになっていました。

個人的に食指が動くものはなかったのですが、最奥にタグホイヤーコーナーがありました。

IMG_2681
IMG_2682

しかも割引率は30-40%。

カレラ ヘリテージ キャリバー6が356,400円のところ、213,840円(税込)になっていました。

 スクリーンショット 2018-09-08 23.10.24

価格コムの最安値よりも4万円以上安い金額です。

セールは9/12(水)までらしいので気になる方はお早めにどうぞ〜

場所は川崎市溝の口のマルイファミリー溝口の7Fです(^^)

2018年・夏 青春18きっぷの旅 いざ新潟へ

カテゴリ:
今回の旅で決めていたのは只見線に乗るところまで。
(只見線と決めたのも1日前の夜ですが…)

只見線の車窓や雰囲気が魅力的過ぎて、次のプランが決まらないうちに終着の小出駅に着いてしまいました。

IMG_2241

この時点でのその先のプランの選択肢は次の5点

<上越線下り>
1)飯山線(全線未乗)に乗車
2)小海線(一部未乗)に乗車
<上越線上り>
3)吾妻線(全線未乗)に乗車
4)青梅線、五日市線(一部未乗)に乗車
5)真っすぐ帰る

(1)(2)は一応その日に(終電で)帰ることができますが、ほぼ乗りっぱなしになってしまいます。
(2)の小海線「HIGH RAIL 1375」に乗れればと思ったのですが、時間的に合わず…。

(4)は家から比較的近いので、今日やる(小出から行く)のはもったいないかなと思いました。

残ったのは(3)と(5)。
といっても今日はまだ会津若松から小出まで5時間弱乗っただけなので、帰るのはもったいない気がします。

また吾妻線の始発駅の渋川駅までは小出駅から2時間強もあるので、そこまでで疲れたらそのまま帰ればいいだけのことです。笑


ということで、小出駅11:10発の上越線上り水上行き普通列車を待ちます。

しかし、なぜかその列車を見送り、衝動的に下りの11:12発の長岡行き普通列車に乗ってしまいました。

2018年・夏 青春18きっぷの旅 只見線代行バス

カテゴリ:
列車の終点の会津川口から只見までは代行バスに乗車します。
只見線のこの区間は2011年7月の豪雨で鉄橋や線路の路盤が流出してしまい、ずっと不通になったままです。
只見線が超赤字路線ということもあり、このままバス転換するもんだと思っていましたが、JR東日本と福島県や地元自治体との協議の結果、2016年末に鉄道での復活が決まりました。

これまで鉄道の災害復旧に関しては鉄道軌道整備法により国は黒字の企業を支援することはできませんでした。

その鉄道軌道整備法を2017年8月に改正し、黒字でも国が補助できるようになりました。

只見線の復旧区間はJR東日本と県や自治体の共同で運営される予定です。

今後の運営方法ですが、まず路盤はJR東日本が費用を負担して再整備し、それを県と自治体に譲渡。

今後の路線の維持管理(下部)は県と自治体が負担。
車両の管理と運行(上部)は引き続きJR東日本が負担という上下分離方法で運営されます。

2020年のオリンピック前には全線復旧される予定ですので、復旧したらぜひまた乗りに行きたいところです。


旅行記に戻ります。

代行バスに乗った方のブログを見ると、会津川口駅に着く前に列車内でバスに乗り継ぐ人の数をカウントするという記載を見ましたが、この列車ではそういった声がけはないままに会津川口に着きました。

代行バスに乗ったのは7-8人。
発車待ち中に車内に虻が入ってきた軽くパニックになってのですが、運転手さんが素手でサッと潰したのが格好良かったです。

マイクロバスでもガラガラの人数なので僕は最後尾の5人席を確保。
鉄道と違ってバスには興味がないので、只見駅までの1時間を寝ていこうかという魂胆でした。

しかし運転手さんが景色や只見線の復旧状況などを解説してくれるので、それが興味深くて一睡もできませんでした。

興味深いといってもことがことだけに面白おかしいといった類のものではありません。

2018年・夏 青春18きっぷの旅 念願の只見線

カテゴリ:
会津若松からは只見線に乗車します。

只見線は福島県会津若松市の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出を結ぶ全長135kmのローカル線です。
JR東日本管内では最も平均通過人員が少なく、全く儲かっていない路線です。

しかしその秘境っぷりがまた魅力となり、近年ではローカル線の人気(≠利用) ランキングでは上位に挙がることが多い路線です。

またこの只見線は2011年7月の豪雨で只見-会津川口駅間の路盤に甚大な被害が発生し、今だに復旧できておらず代行バスでの運転が続いています。

客観的に見ればこの区間はそのまま代行バスでの運転とした方が経営的には良さそうですが、JR東日本は鉄道での復旧をすることを表明し、ただいま絶賛工事中です。
(詳しく説明すると複雑になりますが、復旧工事はJR東日本が担当。その後線路や路盤を県や自治体に嬢としそれらの維持は彼らが負担。JRは列車の運行のみを担当する上下分離方式での復旧になりました) 

列車の本数も少なく、乗り通せるのは下り(会津若松→小出)が3本、上り(小出→会津若松)が2本だけ。
(当然全列車が普通列車です)
18きっぷシーズンになるとその乗り通せる列車に人気が集中します。
その中でも最も人が少なそうな、6:00発の始発列車を選びました。
 
この列車の乗ろうと思うと会津若松に泊まる(か車で来る)しか方法がないので、 18きっぷシーズンでもガラガラな只見線が堪能できると思い、わざわざ前泊しました。

IMG_2184

5時起きで会津若松駅へ。
川崎や名古屋に比べると暑さが優しいように感じました。 

本日の相棒のキハ40。

IMG_2187
 
IMG_2189

IMG_2193

IMG_2195

キハ40系は最近は観光列車に改造されていたりもしますが、只見線で使われているのは国鉄感が残っています。

IMG_2190

通常の4人がけのボックスシートだけでなく、2人がけやロングシートも設置されているタイプでした。 

また構内にはキハ58系っぽく塗装された車両もありました。

IMG_2197
 
列車は1ボックス1人未満という乗車率で定刻通りに会津若松を出発。

IMG_2200

IMG_2202

途中には北海道っぽい貨車を改造した駅舎もありました。

IMG_2203

只見川が近づいて来ると車窓が一気に秘境感が満載になってきました。

IMG_2205
 
只見線の名物の川霧も見ることができました。

この辺りから携帯の電波も怪しくなり、SoftBankはおろかdocomoまで圏外になりました。
列車が通っているところでもまだ日本にこんなところがあるんですね〜

2018年・夏 青春18きっぷの旅 会津若松へ

カテゴリ:
7/20(金)から夏の青春18きっぷシーズンが始まりましたね。
昨年から鉄道に関する仕事もしていることもあり、社内外で鉄道趣味活動(鉄ヲタ)を公言できることを楽しく思います。

ということで週末に奥さんが不在なのをいいことに早速旅に出てきました。

しかも今回は金曜日の仕事上がりに帰宅せずにそのまま列車に乗り込みました。
ちょうど外出する予定もなかったので、ポロシャツ+スニーカーにノースフェイスのBCフューズボックスというギリギリクールビスな格好で出勤。

この日中にやらなきゃいけないことだけを終わらせて、上野東京ラインに乗り込みます。

宇都宮、黒磯、新白河と快速/普通列車を乗り継いで郡山へ。
郡山で初めて改札を出て、郡山名物のクリームボックスとままどおるを入手(^^)

FullSizeRender
FullSizeRender

福岡の名物駅弁 東筑軒「かしわめし」

カテゴリ:
先日の福岡出張の帰りは新幹線を利用しました。

その日が博多祇園山笠の追い山(クライマックス)だったこともあって福岡市内にホテルが取れなかったこと。
また三連休だったので帰りの飛行機が高額だったこと。

この二つが大きな理由です。

ホテルは結局新幹線に乗るのに便利な小倉に泊まりました。

博多から小倉までは新幹線を利用。

787系の特急「きらめき」と迷いましたが、久々に500系に乗りたかったので、新幹線にしました。

IMG_4436
IMG_4439

小倉ではたまたまこちらに帰省していた義理の父と合流し、NHKドキュメント72時間にも登場した100円ビールが有名な24時間営業の居酒屋「白頭山」へ。

IMG_4445

小倉駅からは歩いて3分ほど。
怪しげな路地の奥にお店があります。

100円ビールはセルフサービス。
中身は第三のビールの「のどごし生」です。

IMG_4450

同じテーブルの席の2人組の公務員のおじさまと意気投合し、めっちゃ飲みましたが、会計は2人で3,000円ちょいでした。笑
飲み物が100円だと無敵ですね〜

料理も安いのに味はちゃんとしていて、このにら玉は味は濃くないのに最高に美味しかったです。

IMG_4447

翌日は頑張って早起きして、新幹線で一路東へ。

IMG_4464


N700系7000/8000番台では珍しい「ひかり」号です。
(通常は九州新幹線に直通する「みずほ」「さくら」の運用)

IMG_4462

ここぞとばかりにエクスプレス予約のポイントを使って、グリーン車に乗りました。

IMG_4468

N700系7000/8000番台は普通車も2+2でゆったりしているので、普通車で十分快適なんですけどね〜

途中の岡山駅では試運転中のN700Sに遭遇しました(^^)

IMG_4479
IMG_4478

新大阪からは2019年度末で引退が決まっている700系に乗車。



このページのトップヘ

見出し画像
×