冬休み 馴染みのBarの忘年会

カテゴリ:
帰省しますと宣言したあと10日以上空いてしまいました…。

始業日を休みとしたので今日が仕事始めです。
11連休からの社会復帰には時間が掛かりそうです。
5日に名古屋から川崎に戻ってきたのですが、本日名古屋出張のため新幹線で名古屋に向かっています。
何という無駄な動き…。

名古屋に帰省したのは29日。
実家にクルマを置いて、向かったのは名古屋時代に通っていたBarの忘年会。

最近は日本酒のラインナップがキレキレで、会費制なのにレアな日本酒を飲ませてもらいました。





名古屋の実家までは300km超。

奥さんは先に帰省しているのです、今回は全く部署の違う10歳上の先輩と10歳下の後輩と3人で相乗りです。

変なメンバー過ぎて逆に楽しみです(^_-)


渋滞が酷くならないうちに神奈川県を抜けたいところですが果たして…

今日は1ヶ月ぶりに名古屋出張です。

新幹線の車内でモバイルルーターを充電しようとしたら、通信量がまさかの数値に。


昨日までが40GBくらいだったので、1日で20GB強を消費したことになります。

思い当たるのはAbemaTV。
自宅の回線が遅かったのでFUJI Wi-Fi (モバイルルーター)につないでいました。
寝る際にTVの電源はオフにしたもののAbemaTVの再生を止めず、モバイルルーターの電源もオフにしなかったのが敗因です。

僕のFUJI Wi-Fiは100GBプランなので年内あと31GB残っているのですが、帰省もあるので気をつけて使います。

カテゴリ:
早いもので今年もあと3週間で終わりですね。
今シーズンの振り返りはまた本家のブログで実施しますが、こちらでは手放したタックルを整理していきます。

◆ロッド
JetSetter 71S
JetSetter 60C

◆リール
アルデバラン 50HG
アンバサダー 2500C
アンバサダー 3500C


手放したのはこの5セットです。(多分)

Jetsetterシリーズを手放したのはロッドに不満があったからではなくて、似たスペックのHuercoを迎え入れるためです。

JS 71S → XT 711−5S
JS 60C → XT 510−4C

XT 510−4Cはまだ届いていないのですが、先に手放してしまいました。

今日は池袋に直行です。
時間も10時待ち合わせと少々遅いこともあって湘南新宿ラインを選びました。
ラッシュ時はとても乗れたもんじゃないくらいの混雑度ですが、この時間だとだいぶマシです。

といっても快適にはほど遠いので、奮発してグリーン車にしました。

ラッシュ時だとグリーン車も座れませんが、この時間だとギリギリ空きがありました。


座ってコーヒー飲みながら通勤できたら本当に楽ですね〜

早くそんな身分になりたいです(^_-)

サンライズ出雲で木次線に乗り鉄

カテゴリ:

ビジネススクールの友人3人で乗り鉄サークルを作っているのですが、そのフィールドワークでサンライズに乗ってきました。

このメンバーで受講したのはもう8年も前なのですが、今でも講師を含めて10人ほどの方々と仲良くさせてもらっています。

元々鉄分の濃い3名だったのですが、「北斗星の廃止前にみんなで乗りに行こう」と飲み会で盛り上がり、本当に北海道まで乗りに行ったことで、活動が一気に活発化しました。

今回のテーマは「サンライズ出雲」

昨年の夏に「サンライズ出雲92号」、今年の夏に「サンライズ出雲91号」で一人旅をしたことで、それに感化された1人が9月に定期の「サンライズ出雲」で突発の一人旅。
僕の名古屋出張に合わせてそれらの報告会を実施していたら、また「それならみんなで乗ろう!」と今回の旅が起案されました。(僕以外の2名は名古屋在住)


みんなで仕事の調整をして金曜日の21時過ぎに東京駅に集合。
僕は一度帰宅したこともあり21時半くらいの到着になっちゃいましたが…。




それぞれで分担して食料を買い込みます。 

大丸の総菜売り場が閉店前のセールになっていたので、美味しそうな食材を安価に仕入れることができました。 


以前に乗った91/92号はシャワーカードが直ぐに売り切れましたが、この日はシャワーカードよりもミニロビーの座席の方が争奪戦になっていました。
臨時便は1人旅の鉄ヲタが多かったですが、この日は金曜日ということもあって女性の2人旅が多かったように思います。




無事にロビーの席を確保。

帰宅ラッシュの東海道線や京浜東北線のホームを眺めながら呑み鉄を満喫しました。




今回の寝床はシングルの下段。
車窓は上段の方が楽しめますが、下段の方が揺れが少なくて快適でした。

これまでサンライズには5回乗りました。
ノビノビ、シングル(平屋)、ソロ、シングル(上段)、シングル(下段)と乗りましたが、揺れや騒音の点では一番快適でした。


翌朝の岡山での瀬戸と出雲の分割はスルー。
一応起きてはいましたが、わざわざ着替えて外に行く気にはなりませんでした。


朝食は昨夜に東京駅のホームで買ったサンドイッチをロビーで。
缶コーヒーは車内の自販機で売ってます。


定刻通りに出雲市に到着。

次の列車まで時間があったので、駅のセブンイレブンでコーヒーを買ってゆっくりと外の風にあたりました。

小倉駅前の100円ビール「焼肉 白頭山」

カテゴリ:
小倉駅には17:30ごろに到着しました。
この日はホテルに空室が多かったので、直前まであえて予約をせずに格安の当日予約プラン狙い。
この目論見は当たって、小倉駅から徒歩10分の3,500円のホテルを取ることができました。

チェックインの前に行ってみたかったお店に寄り道。


NHKの僕の好きな番組「ドキュメント72時間」に登場した24時間営業の焼肉屋です。

ここの名物は焼肉…ではなくてセルフで注ぐ100円ビールです。


番組でもこの機械を中心に"百円酒場のブルース"として構成されてました。

ビールとありますが中身はのどごし生(第三のビール)です。


オーダーしたのはだし巻き、チャンジャと山芋の鉄板焼き。



だし巻きと山芋は完全にサイズを見誤りました。
山芋なんて鳥貴族の3倍くらいありました…

100円ビールを2杯飲んでお会計は1,500円もいかなかったと記憶してます。

お店の雰囲気は僕にはアウェイ感満載でしたが、サラリーマン、だいぶ前にリタイアされたおじいさんや清原みたいな強面の人などTVと同じように色々な人がそれぞれのスタイルで飲んでました。

管釣り用ルアーはメルカリやヤフオクがお得

カテゴリ:

ここ最近は管釣りに行く機会が増えています。
(といっても9月に1回、10月に2回ですが)

最後の1回は奥さん(超素人)も一緒に行ったのですが、素人が使う分にはスプーンよりもプラグの方がイージーに釣れました。

自分の手持ちの管釣り用のプラグをチェックすると、ポッパー、ペンシルベイトや大型のミノー等の通常の管釣りではあまり使われないものがほとんどでした。

素人が使う分にはアクションの必要なく、リールを巻くだけで勝手に魚を誘って、フッキングまで可能なクランクベイト等が適していると思います。

それらを購入しようと会社帰りに上州屋渋谷東口店&渋谷店に行ったのですが、以前は1,000円くらいだった管釣り用プラグも1.3〜1.5倍くらいに値上がっていました。

釣り業界に働く人には申し訳ないのですが、新品で買う気が起きないので、ヤフオクやメルカリでルアーパックを購入しました。

image

右下のココニョロは単品で買いましたが、それ以外はセットで7,000円くらいでした。
1個当たり500円なので、新品の半額くらいで購入できた計算です。

特に欲しかったのはアンフェアやつぶアンで、シケイダーやクリックポッパーは僕が使おうと思います。


カラーにこだわりがある人には厳しいですが、こだわりがない僕みたいな人間には安く買えることが最大のメリットです。

ルアーの色による釣果の差があることは否定しませんが、この色でないと釣れないなんてことはないと僕は思ってます。

月内にまた管釣りに行くので、その時に色々と使ってみます(^^)

山口宇部空港から小倉へ

カテゴリ:
SFJ13便(ANA3813便)は予定通りの14:25に山口宇部空港に到着しました。

空港から歩いて数分の距離にJR宇部線の草江駅がありますが、本数は少なく空港アクセスはバスがメインのようです。
バスは新山口駅(旧小郡駅)、山口駅や下関駅などへの便が飛行機のダイヤと連動して設定されていました。

僕が選んだのはバスではなくJR。
小倉まで直行するバスがないことと、宇部線のこの付近は乗ったことがなかったので、乗り潰しを兼ねての乗車です。

ただ宇部線の列車の時間までは1時間ほどあったので、カードラウンジでコーヒーを飲みながら時間を潰します。

のんびりしていたら列車の時間まであと9分!
慌てて荷物をまとめて小走りで草江駅に向かいました。

2017-10-27-15-16-09

2017-10-27-15-19-23

空港最寄駅とは思えない待合室。

2017-10-27-15-48-08

宇部線の宇部行は105系2両編成(末期色)

2017-10-27-15-52-16

宇部からの山陽本線の下関行は115系。

対応の上り列車は写真の2ドア転換クロス車両だったので、下り列車もそれを期待したのですが、残念ながら3ドアのボックスシート車両でした。

2017-10-27-17-15-30

下関から小倉へは441系。
こちらもボックスシートでした。

宇部⇒下関/下関⇒小倉の2列車とも東南アジア系外国人に囲まれたのですが、どっちらもずーっと大きな声で会話し続けていました。

首都圏の列車であんなに喋ってたら注意されると思います。
こちらの方々は心が広いのか、首都圏の人間の心が折れ狭いのか…多分後者ですね。

山口宇部空港の最寄りの草江駅から小倉駅までは1時間50分、1,180円でした。

小倉到着は17時過ぎ。
まだまだ明るい北九州の街(の居酒屋)に吸い込まれました(^_-)

このページのトップヘ

見出し画像
×