カテゴリ:
本家M'EXの朽木渓流魚センターの裏釣行記です。

最後にチラっと書きましたが、本命は朽木渓流魚センターではなくて、琵琶湖の夜釣りでした。
その琵琶湖の釣りですが、元日の釣行と同じような釣りを展開しつつ、今回はポイントを絞りこんでその場所で粘る釣りをするつもりでした。

いつもと違って今回は友人Hも一緒なのでモチベーションも維持できると思いましたし、2人で釣りをすることで釣れる確率が2倍とはいわないまでも1人で釣るよりは高確率で魚に出会えるとも考えていました。
事実2人で釣りをすると話をしちゃうことで集中が切れる場面もありますが、逆にそれがあることで長い時間釣りをし続けることができました。

予想外だったのは雨。
天気予報では深夜3時くらいまではみぞれで、それ以降は雪の予報でした。
スキー場みたいな水分の少ない雪だと最高なのですが、平地で降る雪でも雨よりはよっぽど快適に釣りができます。
それに期待しての釣行だったのですが、琵琶湖を離れるAM6時までずーっと雨が降っていました。
しかもときおり2mmくらいの量が降ってきましたし、朝が近づくにつれて風も強くなってきました。

風がないときはモンベルのレインハット(クラッシャーハット)で雨を凌げるのですが、風が強くなると雨粒が顔面に直撃します。
またその形状から帽子が飛んでいきそうになります。

そんなところから段々と心が折れていった次第です(´ε`;)


冬に夜釣りをするくらいの気合いの持ち主ならば雨風ごときで弱音を吐いていてはダメなんでしょうが…ストロングな釣りを身につけるのはなかなか難しいですね。

スポンサーリンク