カテゴリ:
久々に就活本を読みました。
書いたのは"意識高い系"という言葉を世の中に広めた常見陽平さんです。
2月に行ったセミナーでパネラーとして登壇されていて、真面目なことを面白く表現するスタイルに魅了されました。

影響されやすい人間なので、常見さんのブログやSNSをチェックしたり、その時にアドバイスのあった日経新聞の社説を毎日読んだりしています。

先日ブログの中でこの「就活の神様」が登場していました。
Amazonのマーケットプレイスで安価に売っていたので早速購入。

就活本といってもストーリー仕立てなので2時間もかからずにサラッと読めました。

就活に限らず仕事に役に立つような気づきも多くありましたし、大学の後輩からOB訪問を受ける時期でもあるので、読んでよかったと思います。


<気づき>

・内定をゴールにしたら就活は失敗する(そんな人を企業は採用したいと思わない)

・人生には"変えられるもの"と"変えられないもの"がある。人は"変えられないもの"を変えようとしてしまいがちだが、"変えられるもの"にフォーカスして考えるべき。

・実績のない人間がやりたい仕事に就ける可能性は低い。大切なのは与えられた仕事をとにかく一生懸命やる姿勢。それができて初めて自分の主張が通る。
<余談>
先週にそーせいというバイオ系企業の株を手放したのですが、その翌日に大型のIRがリリースされ、2日連続で急騰。
「あの時手放していなければ…」と"変えられないもの"に執着してしまっております(涙)

こんなことがもう3回目なので、僕には株のセンスが本当にないんだと思います…。



スポンサーリンク