カテゴリ

カテゴリ:鉄道

サンライズ出雲で木次線に乗り鉄

カテゴリ:

ビジネススクールの友人3人で乗り鉄サークルを作っているのですが、そのフィールドワークでサンライズに乗ってきました。

このメンバーで受講したのはもう8年も前なのですが、今でも講師を含めて10人ほどの方々と仲良くさせてもらっています。

元々鉄分の濃い3名だったのですが、「北斗星の廃止前にみんなで乗りに行こう」と飲み会で盛り上がり、本当に北海道まで乗りに行ったことで、活動が一気に活発化しました。

今回のテーマは「サンライズ出雲」

昨年の夏に「サンライズ出雲92号」、今年の夏に「サンライズ出雲91号」で一人旅をしたことで、それに感化された1人が9月に定期の「サンライズ出雲」で突発の一人旅。
僕の名古屋出張に合わせてそれらの報告会を実施していたら、また「それならみんなで乗ろう!」と今回の旅が起案されました。(僕以外の2名は名古屋在住)


みんなで仕事の調整をして金曜日の21時過ぎに東京駅に集合。
僕は一度帰宅したこともあり21時半くらいの到着になっちゃいましたが…。




それぞれで分担して食料を買い込みます。 

大丸の総菜売り場が閉店前のセールになっていたので、美味しそうな食材を安価に仕入れることができました。 


以前に乗った91/92号はシャワーカードが直ぐに売り切れましたが、この日はシャワーカードよりもミニロビーの座席の方が争奪戦になっていました。
臨時便は1人旅の鉄ヲタが多かったですが、この日は金曜日ということもあって女性の2人旅が多かったように思います。




無事にロビーの席を確保。

帰宅ラッシュの東海道線や京浜東北線のホームを眺めながら呑み鉄を満喫しました。




今回の寝床はシングルの下段。
車窓は上段の方が楽しめますが、下段の方が揺れが少なくて快適でした。

これまでサンライズには5回乗りました。
ノビノビ、シングル(平屋)、ソロ、シングル(上段)、シングル(下段)と乗りましたが、揺れや騒音の点では一番快適でした。


翌朝の岡山での瀬戸と出雲の分割はスルー。
一応起きてはいましたが、わざわざ着替えて外に行く気にはなりませんでした。


朝食は昨夜に東京駅のホームで買ったサンドイッチをロビーで。
缶コーヒーは車内の自販機で売ってます。


定刻通りに出雲市に到着。

次の列車まで時間があったので、駅のセブンイレブンでコーヒーを買ってゆっくりと外の風にあたりました。

列車の写真を撮ってたら撮られてた

カテゴリ:
三江線は口羽駅で列車行き違いのための長めの停車がありました。

ホームに出て外の空気を吸いつつ、列車の撮影。


いい気分転換になったのですが、その様子が他の人の動画に映り込んでました。


自分は他の鉄ヲタとは一線を画す!と思ってますが、こうやって客観的に見ると大して違わないですね。笑

キハ47 タラコ色

カテゴリ:


乗り鉄しに山陰に来ています。

サンライズ出雲91号で出雲市に着くと、タラコ色のキハ47が止まっていました。

飛び乗りたい衝動に駆られましたが、予定通り「スーパーまつかぜ」で江津に向かいます。


とても特急とは思えない外観ですが、単線非電化の山陰線を120km/hでぶっ飛ばす素敵な車両です(^^)

この後はいよいよ三江線です。

JR東日本「休日おでかけパス」で宇都宮へ

カテゴリ:
先日青春18きっぷを購入しました。

ただ夏の18きっぷが使えるのは7/20〜9/10なので、今はまだ期間外です。
せっかくの三連休なのでどこかに電車で出かけたいと思い「休日おでかけパス」を購入して北関東へ出かけてきました。

「休日おでかけパス」は土日祝日と夏休みなどの長期休みの時に使える、東京を中心におおよそ100km圏内が乗り放題になるフリーきっぷです。
18きっぷと似たきっぷですが、特急券を買うと新幹線や特急列車に乗ることができます。

最初の目的地にしていたのは栃木県の宇都宮。

IMG_8279

目的はもちろん餃子です。

宇都宮には仕事で1回、プライベートで1回行ったことがあります。
その時も宇都宮餃子を食べたのですが、2回とも駅ナカで食べただけ。
餃子の本場ということもあってそれでも美味しかったのですが、一度は街の専門店で食べてみたかったので、有名店のみんみんへ。

IMG_8277

三連休ということもあって11時過ぎでも30分くらい待ちました。

IMG_8278

IMG_8280

IMG_8281

 
美味しいのに安いのがいい感じです。

2017年 夏の青春18きっぷ購入

カテゴリ:


今年も青春18きっぷを買いました。

まだ具体的な行き先は1つも決めていませんが、のんびりとした鉄道旅行を楽しめればと思います(^^)

サンライズ出雲・瀬戸を見送り

カテゴリ:
今日は東京駅界隈で大学の後輩と飲んでました。
後輩は22:00発の最終ひかりで名古屋へ帰るための21:50に解散。

自宅には横須賀線で帰るのが早いのですが、22:00発のサンライズを見送りたく東海道線のホームへ向かいました。


midweekということもあり車内は空いていましたが、寝台列車には旅情が溢れていますね〜

今この列車に飛び乗れば翌朝には出雲や四国にいられるということにテンションが上がります♪(´ε` )

青春18きっぷの旅[2017-春] 宇都宮からの帰路

カテゴリ:
郡山から宇都宮までは乗り換え時間も含めて2時間10分でした。
このくらいのインターバルで休憩やイベントを挟むと、各駅停車でも苦痛に感じることは少ないと思います。

宇都宮ではお目当の宇都宮餃子(とビール)を食べます。


本当は繁華街にある有名店で食べた方が美味しいんでしょうけど、以前出張の際に駅で食べた餃子が十分美味しかったので、今回も駅ビルで食べました。
餃子を食べるのがメインではないので、並ぶのはイヤだししもそも今日は一人なので…。


頼んだのは餃子の12種食べくらべです。
通常の餃子に加えてニラ、チーズ、ニンニク、お肉、エビ、激辛、しそや舞茸入りの餃子が入っていました。


あとは当然ビールも…。


タレは酢:餃子のタレ(醤油):ラー油を7:2:1で作るのが好みです♪(´ε` )
あと孤独のグルメで見てから胡椒も入れるようになりました。

僕は餃子ととビールだけだったのですが、横に座っていたアラサー女子が一人でビールと餃子に加えて白米も食べていて敗北感を味わいました。

宇都宮からの帰路は2時間ちょっと。
休日の普通列車のグリーン車はどこまで乗っても780円(51km以上)なので、長距離を乗るほどお得です。

青春18きっぷの旅[2017-春] 水戸から水郡線で郡山へ

カテゴリ:
水戸駅での乗り換え時間は50分。
その間に食事と買い物(イヤフォンを忘れてきた)を済ませます。

水戸の名物を調べるとお約束の納豆以外にスタミナラーメンなるものがヒットしました。
納豆は自宅でも食べられるのでスタミナラーメンが食べられるお店を探しましたが、残念ながら水戸駅の近くに魅力的なお店が見つかりません…。

セカンドベストで駅近くの居酒屋で「ねばり丼」を食べることに。


納豆+めかぶ+山芋+おくらというとりあえずねばる系の食材にマグロブツとうずらの卵が投入された丼に味噌汁とサラダで1,080円でした。

味噌汁とサラダのドレッシングにも納豆が入っていました。
ちなみに味は良くも悪くも想像通りでした。

食べ終わったところで水郡線の列車の出発時間まで14分。
京成百貨店の中にあるダイソーに小走りで向かい無事にイヤフォンを入手することができました。


水戸 13:15-16:26 郡山

始発から終点まで3時間超乗りっぱなしです。

水郡線の列車はキハE130系の三両編成。
全車ロングシートを覚悟してましたが、4人掛けと2人掛けのボックスシート(ドア付近はロングシート)が並ぶレイアウトでした。


発車5分前でしたが、通路側のボックスシートを確保することができました。
途中で空いたので、2人掛けボックスに移動しました。


水郡線は久慈川沿いを進むため車窓に空きがきません。

しかしふと前を見たときに電光掲示板に気になる表示。

「この電車の中は常陸大子行きです」

この列車は郡山行き。
WEBを検索すると切り離しをする場合でも後ろの1両だけとあったので、表示ミスだろうとたかを括ってましたが、常陸大子駅の手前で「後ろの2両を切り離します」という非情のアナウンス。

仕方なく前の1両に移動します。

ボックスシートは隣に座りたくないレベルの鉄ヲタが陣取っていたので、ロングシートを確保しました。

ロングシートからだと車窓も見にくいので、iPad miniで電子書籍を読みながら列車の旅を満喫しました。


郡山からは東北本線で川崎に戻ります。
1分後に発車する黒磯行きの電車もありましたが、お土産を買いたいので1時間後の列車を選びました。

買いたかったお土産は2つ。
福島出張のお土産でよくもらうままどおるとご当地グルメのクリームボックスです。

青春18きっぷの旅[2017-春] 常磐線で水戸へ

カテゴリ:


青春18きっぷが2日分残っています。
使用期限は4/10(月)まで。
今日を入れてあと4日ある週末です消化しないといけません。

始発に乗るくらい早起きできたら只見線まで行こうかと思ってましたが、起きられませんでした…。

ということでまだ乗ったことのない別の路線を攻めに行くことにしました。

今回目をつけたのは水郡線。
水戸と郡山を結ぶローカル線です。

まずは横須賀線→上野東京ライン→常磐線と乗り継いで水戸まで向かいます。


武蔵小杉 9:36-9:46 品川(横須賀線・君津行)

品川 9:54-10:08 上野(上野東京ライン・土浦行)

上野 10:15-12:25 水戸(常磐線・ 勝田行)


水戸までは2時間超の乗車になるのでグリーン車に乗車します。
普通列車と快速列車のグリーン車(自由席)に限り、別途グリーン券を購入すればグリーン車に乗車することができます。
(指定席のグリーン車は普通列車でもNGです)

いつもはモバイルSuicaでグリーン券を買うのですが、間違えて土浦までしか購入しなかったので車内で変更してもらいました。

楽天トラベルでダブルブッキング

カテゴリ:
馬喰町にある「トレインホステル北斗星」に宿泊しました。
ここは一昨年に廃止となった北斗星の設備を再利用したゲストハウスで、JR東日本のグループ会社が運営しています。


基本は開放式B寝台の二段ベッドなのですが、2室だけ個室A寝台ロイヤルの設備を再利用した半個室があります。
(うち1室は女性用のはずです)

部屋数が少ないだけあって連日満席で、空きがあるのは7月以降でした。

そんな状況の中で1日だけロイヤルに空きがあったので、翌日を有休にして宿泊しに行ってきました。

ムーンライト信州81号

カテゴリ:
青春18きっぷを使ってムーンライト信州に乗っています。

image

image

image

image

image

列車は既に八王子(0:40発)を出ましたが、乗車率は50〜60%程度です。

次の停車駅の甲府は2:21着なので、これから乗ってくる人はほとんどいません。

指定券は完売なので、指定席を一人で2枚分買って隣の席をブロックしている人がチラホラといるんだと思います。

春の青春18きっぷ購入

カテゴリ:
土曜日のサッカー観戦(フクダ電子アリーナ)の際に青春18きっぷを使いました。

IMG_7165

この日に乗車した経路の運賃を計算したところ2,170円でした。

青春18きっぷ1日分(5で割っただけですが)が2,370円なので、ちょっと損しています。

青春18きっぷの期間は季節によって異なり、春季は40日間しかないため、使えるときに使っておくのが得策だと僕は思います。

 ■利用期間
春季:3/1〜4/10(40日間)
夏季:7/20〜9/10(50日間)
冬季:12/10〜1/10(30日間)


今週末にはムーンライト信州に乗る予定です(^^)

ムーンライト信州81号

カテゴリ:
ムーンライト信州の指定席券です。


発売と同時に満席になっていましたが、えきねっとで空席検索をしてたら偶然ゲットできました。

来週末はこれ乗って名古屋に帰ります。


このムーンライト信州に乗れば、メインどころのムーンライトは制覇したことになりそうです(^^)


[これまでに乗ったムーンライトシリーズ]
・ムーンライトえちご
・ムーンライトながら
・ムーンライト九州
・ムーンライト山陽
・ムーンライト八重垣
・ムーンライト松山
・ムーンライト高知


ながら、九州、松山、高知は複数回乗っているので、延べ数にしたら20回は超えそうです(^^;

ドクターイエロー のぞみ検針983

カテゴリ:
名古屋出張の際に品川駅でドクターイエローに遭遇しました。


怪しい回送列車の表示。






ホームで待ち構えている人は1人だけでしたが、入線直後からはみんなスマホで撮ってました(^_-)

素の700系はあまり好きではありませんが、ドクターイエローやレールスターはカッコよく見えます♪(´ε` )

2016夏 18きっぷの旅 沼津から豊橋まで373系で快適に移動

カテゴリ:
沼津からは「ホームライナー浜松3号」に乗車します。

image


静岡県内の東海道線の普通列車はそのほとんどがロングシートの車両です。
下手するとトイレも付いていない列車に当たることもあります。

ロングシートだと端に座らない限り両隣に人が来ますし、車窓も楽しめません。
それに飲食ができないことも残念な要素です。

しかしある列車を狙い撃ちすればクロスシートで快適に移動することができます。

それが「ホームライナー浜松(沼津)」です。

この列車に乗車するには乗車整理券として320
円が必要性ですが、その対価として特急用の車両(373系)で移動できます。

その快適性は普通列車と比べ物にならず、シートもリクライニングしますし、肘掛けからテーブルも出てきます。

また停車駅も特急列車並みに少ないので、移動時間も短縮することができます。

2016夏 18きっぷの旅 アルファリゾート21に初乗車

カテゴリ:
さきほど乗った列車は伊豆急下田行きですが、JRの路線は伊東までなので伊東駅で下車。

伊東駅前をブラブラして次の熱海行きに乗ろうとホームに行くと、入線してきたのはなんとアルファリゾート21!

image


こんな列車が普通列車として走っていることに感動すら覚えます。

image


しかも展望車も追加料金なしで乗車可能。
その手の事前知識は持っていたはずなのですが、不安になってスマホで再確認しました。笑

image


途中でリゾート21の黒船列車にも遭遇。
ガラスエリアがとにかく大きいので、眺めは抜群です。

2016夏 18きっぷの旅 伊東線完乗

カテゴリ:
熱海駅で東海道線を降りて、伊東線に乗り換えます。

伊東線はJR東日本と伊豆急の車両が相互乗り入れしていて、特急列車と東海道線の直通の普通列車はJRの車両。
逆に熱海〜伊豆急下田の伊東線と伊豆急線で完結する車両は基本的に伊豆急の車両です。

image


伊豆急が誇るリゾート列車のリゾート21に乗れるかな?と期待していましたが、残念ながら元東急の車両でした。

しかもこの日は伊東で花火大会があるようで、車内は大混雑。

時刻表とか出すと「キモッ」とか言われそうなので、適当に持ってきた司馬遼太郎の「土地と日本人」を読んで非ヲタを装いました。笑

2016夏 18きっぷの旅 御殿場線完乗

カテゴリ:
富士駅から東海道線で沼津へ。
沼津からは御殿場線を経由して国府津へ向かいます。

沼津⇔御殿場は出張でなんどか乗ったことがあるのですが、御殿場⇔国府津は未乗区間でした。

御殿場まではうつらうつらしましたが、未乗区間は自然と目が冴えてきました。

image


1時間半で終点の国府津に到着。
これで御殿場線も完乗です。

2016夏 18きっぷの旅 富士宮で途中下車

カテゴリ:
甲府から長閑な景色を堪能することちょうど3時間。

image


image


身延線沿線の最大の都市(多分)である富士宮駅に着きました。

image


そのまま乗り通しても良かったのですが、お腹が空いてしまいました。

富士宮市内は富士山からの湧水が流れを成していました。

image


image


街中を流れる川とは思えないくらいに高い透明度でした。

2016夏 18きっぷの旅 甲府駅から身延線へ

カテゴリ:
当初の計画通りに甲府で下車しました。

小海線や飯田線も捨てがたかったのですが、空腹に耐えられませんでした。
4時40分に横浜駅に降りてから何も食べていなかったので…。

image


朝ご飯は甲府駅前の蕎麦屋さん「丸政」へ。
ここの山賊蕎麦が食べてみたかったんです。

image


7-10時はモーニングサービスをやっていて、かけ蕎麦(大盛り無料)、ご飯と納豆で340円でした。

僕は山賊揚げハーフを加えて420円でした。

ご飯は1/3の量でいいですとおばちゃんに伝えたのですが、こんなにも盛られました…。

このページのトップヘ

見出し画像
×