カテゴリ

カテゴリ:腕時計

ALBA FIELD GEAR 全面ルミブライトモデル

カテゴリ:
今日はGWに入手した全面ルミブライトのフィールドギアをはめています。

アルバはセイコーのセカンドラインにも関わらず、このモデルからは品質の高さを感じます。
品質の高さといっても華美は幹事は全くなくて、当たり前のことが当たり前に作られているという点での話です。

image

ポイント 秒針の針ズレがない

クォーツだと盤面の目盛と秒針の動きがあっていないモデルも多く存在します。
ヒドいものになると目盛の間を秒針が刻んでいったりとか…。

この個体がアタリなだけかもしれませんが、60秒にわたってズレがほぼないのは非常に優秀だと思います。


ポイント 秒針のバックラッシュがない

これもクォーツ特有の問題です。
針を動かす歯車には必ず遊びがあります。
その遊びが大きすぎると秒針が動く際に進んだあとに戻ってくることがあります。
海外のモデル(特にTIMEX)はそれが顕著で、秒針が動く際に1.1秒進んで、0.1秒戻るような動きに見えます。

バックラッシュについてはシチズンのサイトがわかりやすいです。

針ズレについて(シチズン)


ポイント デイ表示が日本語(と英語)

安価な時計はその多くが輸出を想定して作られていることもあり、曜日に日本語が選択されていることはほとんどありません。
しかしこのフィールドギアは日本語/英語の2か国語表記です。

個人的には日本語表記にめっちゃ惹かれます!


ポイント リュウズがねじ込み式

仕様が20気圧防水なので当たり前といえば当たり前なのですが、そもそも安価なモデルだと20気圧防水ではなくて、5気圧や10気圧防水のものがほとんどです。
またそれらのリュウズはねじ込み式ではなくて、ただのプッシュ式なことが多いので、しっかりと作りこまれている証だと思います。


当時の価格はわかりませんが、後継(と思われる)モデルが7〜8,000円で売られていることから、こちらのモデルも同じような価格帯だったと推測します。

その値段でこれだけの品質を維持できるのがセイコーという会社の魅力だと僕は思います。

アルバ フィールドギア

カテゴリ:
前から気になっていた全面ルミブライトのアルバ フィールドギアを購入しました。


軽さという点ではチタン製の後継モデル(アルバ ミリタリー)の方が優れているのですが、フェイスのデザインやねじ込み式竜頭による20気圧防水など、こちらのモデルの方が魅力的だったので、購入できてよかったです。

NATOベルトは以前に買ったものの使い回しです。
APBT207用のチタン製ベルトを入手して取り付けるか迷ってます。(多分適合するはず)

酔った勢いでポチってしまった…

カテゴリ:
半年くらい前から気になり続けていたオリエントスターを酔った勢いで購入してしまいました。

1127
 購入したのはクラシックモデルのWZ0341ELです。

欲しかったモデルなので後悔はしていません(。・ω・)ノ゙

しばらく使ってまたアップします。 

スイープ運針のブローバ プレシジョニストがAmazonでセール中

カテゴリ:
クォーツ時計ながら秒針がスプリングドライブのようなスイープに動く、ブローバ プレシジョニストがAmazonがセール価格で販売されています。
(クォーツ時計は通常は1秒ごとに動くステップ運針です)

_UL1500_

他のモデルは3〜4万円するのですが、なぜかこの  だけ2万円になっていました。


見た目も好みなので「買っちゃおっかな〜」と思いましたが…重さ:248g
 

グランドセイコーの新ダイヤルデザイン

カテゴリ:
グランドセイコーの新しいダイヤルデザインが発表されました。

c
 
 初代グランドセイコー リミテッドコレクションの現代デザイン「SBGR305」

12時の位置に「GS」と「Grand Seiko」の2つのロゴが 配置されています。


a
 
初代グランドセイコー リミテッドコレクションの復刻デザイン「SBGW251」 

こちらは初代グランドセイコーと同じようにロゴは12時の位置に「Grand Seiko」のみ配置されています。

グランドセイコーの文字盤から「SEIKO」の文字が消える

カテゴリ:
日経に気になるニュースが掲載されていました。

セイコー、高級腕時計「GS」てこ入れ ロゴ変更や売り場刷新

 セイコーホールディングス(HD)は高級腕時計シリーズ「グランドセイコー(GS)」のブランド力強化に乗り出す。文字盤から「SEIKO」のロゴを外し、売り場デザインも一新する。主力ブランドの大規模な改革は創業以来初めて。価格とブランドイメージを引き上げ高級時計に強いスイス勢に対抗する。

 現在は文字盤の12時の位置に「SEIKO」、6時の位置に「GS」のロゴを入れているが、今後は12時に「GS」を置く。24日に限定発売する初代グランドセイコーの復刻版から採用する。店頭には5月から、新たなロゴ配置にした商品を順次供給する。

日経新聞にオメガの全面広告

カテゴリ:


本日の日経新聞にオメガの全面広告が出ていました。

スピードマスターが60周年なんですね(^^)

セイコーが営業利益を95%も落とす中で、オメガは儲かっているんでしょうかね。

日テレのZIP!でチープ腕時計特集

カテゴリ:
今朝のZIP!のBOOMERSのコーナーでチープ腕時計を特集していました。


1年ほど前まではチープ腕時計≒チープカシオといった感じでした。
しかし腕時計メーカー以外にファストファッションも参入してきたことで、また盛り上がっている印象です。


番組ではカシオ、シチズン、ダイソーとH&Mの4つのブランドからカワイイと思う時計を女性に選んでもらい、ランク付けしてました。


3位はカシオ。
カシオはやっぱりデジタル推しでした。


チプカシってワードが一般化してきたのは、カシオファンとしてはうれしいです(^_-)
(正式なシリーズ名はカシオ スタンダードです)

ウォッチバンドカレンダーを取り付けました

カテゴリ:
1月に争奪戦に打ち勝ってようやく手にしたTAISEIのウォッチバンドカレンダー

セイコーファイブに付けて時計好きの上司に自慢したらウケてくれました。

IMG_6830

「俺も欲しい!」と言ってくれたので、余分に買っていた分をプレゼント。

すると本日仲間内の集まりにウォッチバンドカレンダーをしていったら超ウケたとLINEが届きました。

大成(TAISEI)ウォッチバンドカレンダー

カテゴリ:


大成のウォッチバンドカレンダーをようやく入手することができました。

1週ごとに発売数量が決まっていて、2回連続で買えなかったんですが、3回目でようやく購入できました。


このバンドは昔父親がセイコーファイブにしていた記憶があります。

僕もセイコーファイブに取り付けます(^_-)

フランク三浦(零号機) 電池交換

カテゴリ:
商標問題の決着がついたから、昨年は再びフランク三浦が話題にあがりました。

僕も久々につけてみようとケースから引っ張り出したところ電池切れで止まってしまっていました。 

IMG_6395
 
フランク三浦の電池は「SR626SW」です。

IMG_6401
 
ダイソーで100円で売ってました。

 IMG_6396

裏面にネジ穴は見当たりません。

IMG_6397

ネジ穴を隠しているわけではなくて、そもそもネジがありません。

バネ棒外しを差し込んでグリグリしたら簡単に裏蓋を外すことができました。

IMG_6398

フランク三浦は非防水をうたっていますが、一応パッキンが入っていました。
ただ切れちゃっていましたが…。

2017年の初出勤はスプリングドライブで

カテゴリ:
今日から仕事です。
昨年の10月に異動したので、今の部署への年初の出勤は初体験。
同じフロアにエラい人が多くいることもあって、初日独特の緊張感も感じられました。


2017年の初出勤なので、身なりもできるだけフォールマルに。
腕時計は最もお気に入りのグランドセイコー SBGA011を選びました。

こんな場面にGSの三針はピッタリです。

年末年始は遊んでリフレッシュできました。

また気持ちよく遊べるようにしっかりと仕事します。

グランドセイコー スプリングドライブの月差

カテゴリ:
愛用しているグランドセイコーのSBGA011です。

11月の頭にちょうど時間がピッタリでした。



そこから約2ヶ月経過して現在はマイナス4秒。
月差にするとマイナス2秒。

マイナス精度は嫌われる傾向にありますが、スプリングドライブは通常の機械式と違って夏にはプラス寄りに、寒くなると遅れる傾向にあるので、冬でこの精度なら上出来です(^_-)

スマートウォッチが届いたものの…

カテゴリ:
先日購入したスマートウォッチ FINOW Q1が中国から届きました。


早速SIMカード(So-netの0-SIM)を入れてみたのですが、認識してくれません。汗

「入れ方が悪かったかな」と再び裏蓋を開けると…


片側の端子が全部折れていました∵・(゚ε゚ )ブッ!!

そりゃ認識しないですよね〜


直ぐに購入したGearbestに連絡を入れます。

購入のページは日本語対応していましたが、問い合わせのページは中国語か英語…
Google翻訳を使いながら拙い英語で問い合わせを入れました。

基本は交換か返金になるのですが、その際に中国まで送り返すのが面倒くさいです…('A`)

スマートウォッチ(中華製)を買いました

カテゴリ:


パッと見はApple Watchそのものですが、FINOW Q1という中華製のモデルです。

このモデルの一番の特徴はOSがスマートウォッチ用のAndroid Wearではなくて、Android 5.1が搭載されていることです。

なのでSIMを挿せば単体での通信が可能になります。

ただし通信したりGPSを使用すると致命的に電池が持たないらしいですが(^^;

届いたらまたアップします。

Knot 元町ファクトリーショップ

カテゴリ:
横浜に出かけた際に元町にあるKnotのファクトリーショップに寄ってみました。

17時くらいだったのですが、店内には6〜7組のお客さんがいて想像以上に賑わっている印象でした。


店内には時計本体とベルトが各色4セットずつディスプレイされていて、他のお客さんに気を遣うことなく自由に組み合わせを試すことができました。


僕のKnotの時計は奥さん専用になっていることもあって、彼女の好みでベルトを組み合わせます。


この組み合わせが一番しっくりきたようです。

セイコーファイブ SNK809 ベルト交換

カテゴリ:
Knotに続いてセイコーファイブ(SNK809)もNATOベルトに交換しました。

DSCN3279

DSCN3281
 
カラーは定番のJBです。

ベルトはショートバージョンを選んだので、手首が細い僕でもベルトの端があまり過ぎることなくいい感じでした。

KnotのベルトをレザーからナイロンNATOに交換

カテゴリ:
Knotを知ったのはクラウドファンディングでの募集でした。
「日本の時計産業を再び盛り上げる」というコンセプトに共感したので、購入したかったのですがすでに募集は締め切ったあとでした。

一般販売を待っていたのですが、当時流行っていたダニエルウェリントンに似た見た目が奥さんの好みだったらしく、女性的なモデルを選びました。

関連記事:Knotの腕時計が届きました

DSCN3253

DSCN3251

最近は別の時計を使っていたせいか、この時期まで革ベルトかついたままでした。

JR車内誌「トランヴェール」でセイコーが紹介されていました

カテゴリ:
先日新潟に出張した際に上越新幹線に乗りました。

JR東海の東海道新幹線はグリーン車しか車内誌(時代の先端をいく雑誌「WEDGE」です。笑)はありませんが、JR東日本の東北・上越・北陸新幹線は普通車でも車内誌「トランヴェール」を読むことができます。

上越新幹線でトランヴェールを手に取ると長野の工場が特集されていました。

1608_1

長野の工場=諏訪のセイコーという図式が頭に浮かびます。
(まぁ表紙が思いっきり腕時計ですし)

車内誌は持ち帰り自由なので、綺麗なものを持ち帰って複合機でスキャンしてみました。

カシオ AQW-101

カテゴリ:
以前にSUPフィッシング用に欲しい!といっていた腕時計を買いました。

image

価格帯的にはチープカシオと同じくらいですが、パッと見はプロトレックやシーパスファインダーかと思うくらいのつくりの良さです。

しばらく使い込んでみてまたレビューしますね。  

このページのトップヘ

見出し画像
×