カテゴリ

カテゴリ:腕時計

JR車内誌「トランヴェール」でセイコーが紹介されていました

カテゴリ:
先日新潟に出張した際に上越新幹線に乗りました。

JR東海の東海道新幹線はグリーン車しか車内誌(時代の先端をいく雑誌「WEDGE」です。笑)はありませんが、JR東日本の東北・上越・北陸新幹線は普通車でも車内誌「トランヴェール」を読むことができます。

上越新幹線でトランヴェールを手に取ると長野の工場が特集されていました。

1608_1

長野の工場=諏訪のセイコーという図式が頭に浮かびます。
(まぁ表紙が思いっきり腕時計ですし)

車内誌は持ち帰り自由なので、綺麗なものを持ち帰って複合機でスキャンしてみました。

カシオ AQW-101

カテゴリ:
以前にSUPフィッシング用に欲しい!といっていた腕時計を買いました。

image

価格帯的にはチープカシオと同じくらいですが、パッと見はプロトレックやシーパスファインダーかと思うくらいのつくりの良さです。

しばらく使い込んでみてまたレビューしますね。  

オレンジミニモンスターのブレスを清掃

カテゴリ:
夏日が続くようになり、ダイバーズウォッチの登板機会が増えました。

ダイバーズウォッチはネイビーボーイとオレンジミニモンスターの2つを持っています。

ネイビーボーイは年中使っていますが、オレンジミニモンスターは夏限定。
使い始めてまだ1ヶ月くらいですが、そろそろ汚れも気になるところ。

image


使い終わった後に汗を拭くようにはしていましたが、歯ブラシで清掃したところ想像以上にゴミが出てきました。

image


超音波洗浄機を使わなくても意外とゴミが取れるもんですね。

グリーンダイヤルのセイコーファイブ

カテゴリ:
最高気温が30℃を超える日が出てきて、クールビズも本格化してきました。
シャツが半袖になると腕時計の存在感も増してきます。

かといってビジネス色の強い時計だとポロシャツのようなスーパークールビズには合わないように思うので、ちょっと遊びココロのある腕時計をするようにします。

昨日はめていたのは緑の盤面が特徴的なSNK543K1。

image

5盾が文字盤の全面に入っているSNK361(黒)やSNK357(青)の色違いモデルです。


グリーンダイヤルのモデルはこのSNK543以外にクッションケースに地球儀のようなグローブラインが入ったSNK665(僕が持っているSNK669の色違い)や文字盤に5盾が入っていないSNX447も存在ます。

ただグリーンダイヤルモデルは人気なのかそれとも生産数が少ないのかなかなか売っていません。
ネットで調べてみましたが、Amazonを筆頭としたネットショップはSNK543とSNX447は売り切れで、SNK665が唯一楽天で在庫ありでした。
ヤフオクもチェックしましたが、3つともヒットしませんでした。

クールビズ期間中は腕時計にも遊びを取り入れたいところです(^^)


【送料無料】セイコー SEIKO セイコーファイブ 自動巻き メンズ 腕時計 SNK665K1 グリーン
【送料無料】セイコー SEIKO セイコーファイブ 自動巻き メンズ 腕時計 SNK665K1 グリーン 

SUPフィッシング用の腕時計[AQW-101J-1AJF]

カテゴリ:
今シーズンからSUPフィッシングを始めました

といってもあくまでもメインはSUPの方で、釣りは片手間にとどめておくつもりです。

SUP用のウェアもそれなりに揃えたので、腕時計も専用のものが欲しいところ。
そして短い時間の中でもそれなりの釣果はたたき出したいものです。

最初は雰囲気重視でダイバーズウォッチ(ダイバーズ風ですが)のオレンジミニモンスターを付けていました。

しかしパドリングの際に時計の重さが気になるので却下。

次からはチープカシオのF-91Wをしていきました。

こちらは付けていることを忘れるくらいの軽さで、ダイバーズウォッチの不満は解消されました。
しかし、逆に存在感がなさ過ぎてつまらないのも事実。


ということで「G-SHOCK風のチープカシオでも買おうかな…」と検索しているとヒットしたのが、この釣り用の「SPORTS GEAR スポーツギア ムーンデータ AQW-101J-1AJF」です。

_UL1500_

この時計の面白いのは月の満ち欠けと時間から釣れる時間をフィッシュアラームで教えてくれること。

アメリカのバスプロのダグ・ハノン氏が提唱していたムーンクロックの考えに近いものでしょうか。


潮汐で魚の活性を教えてくれるスマホアプリはいくつかありますが、時計が釣れる時間を教えてくれるという発想が面白いです。



思っていたよりも安価なんで買っちゃおうかな〜

フランク三浦のオークションの落札価格が高騰中

カテゴリ:
先日のフランク三浦の商標問題がニュースになって以降、ヤフオクでの落札価格が高騰しています。

オークファンで落札相場をチェックすると…

フランク三浦3月

3月の落札価格は3,000円前後でした。


フランク三浦30日

最近30日で検索すると、平均落札価格は2倍近くに上がっています。

ただ最近30日の平均落札価格には3月も含まれています。

フランク三浦

直近の落札価格を見ると6,000円前後まで高騰しています。

フランク三浦はもう生産されていなくて在庫限りの商品なので、在庫を持っている人は今が手放すチャンスかもしれませんね〜

僕は1つしかないので、このまま使い続けます(^^;

商標問題で

カテゴリ:
iPhoneに入れているSmartNewsから気になるニュースが流れてきました。

フランク三浦が勝訴 フランク・ミュラーの主張認めず 


昨年の9月に本家フランク・ミューラーの申し立てを受けて、特許庁が「フランク三浦」の商標を取り消していたようです。
 
それをフランク三浦側が異議申し立てを行い、今回はそれが認められたとのこと。


>ミュラーは「語感が極めて似ている」「信用や顧客吸引力への『ただ乗り』目的だ」などと主張した。 

語感が似ているのは確かにその通りですが、信用や顧客吸引力へのただ乗りが目的ってことはないと思うんですよね。

IMG_4526

僕はフランク三浦にはフランク・ミューラーに対するリスペクトを感じていました。

まぁ、自分が真似されたら怒るかもしれませんけど…。 

セイコーアウトレットで購入

カテゴリ:
フラリと行った長島のアウトレットのフラリと入ったセイコーのアウトレットで腕時計を衝動買いしてしまいました。


買ったのは自分用ではなくて、奥さん用の腕時計です。

海外用商品ということでアウトレットに並んでいると説明を受けましたが、今は国内でも同じ商品が別品番で販売されているようです。

実物を確認できたのは良かったのですが、国内向けでもラインナップされていることを教えて欲しかったな〜というのが本音です(^^;

ジェランチャのソリッドベルトにセイコーファイブのバックルを装着

カテゴリ:


セイコーファイブにつけているジェランチャのソリッドベルト。
装着感は文句なしなのですが、バックルがプッシュ式でないのがネックでした。

そこで余っていたセイコーファイブのバックルを大須の時計屋さんに持ち込んで交換をお願いしてきました。

脱着のしやすさは格段に向上して大満足です(^_-)

本当に欲しかった腕時計を発見

カテゴリ:
気になる時計を発見してしまいました。

今持っている時計の色違いのモデルです。

FERAP001B0

本当に欲しかった色はブラックだったのですが既に完売だったので、第二候補のホワイトを買ったんです。

関連記事:オリエント カバンシリーズ


そのお店では、僕は持っているFERAP002W0とブラックのFERAP001B0の両方が売っていました。

価格は税込で9,720円。

僕がFERAP002W0を買った時よりもちょっとだけ高くなっていますが、十分安いと思います。

当時はAmazonのマーケットプレイスで4万円以上の値を付けていたくらいなのでΣ(´д`;)


見つけたのは2週間ほど前です。
その時はグッと我慢したのですが、今になって手に入れたい欲が高まってきました。


ホワイトを持っていなければ即買いするのですが、色違いで同じ時計を持っているというのも間抜けですしね。

入れ替える(ホワイトを手放す)という方法もあるのですが、機種がマイナー過ぎてヤフオクの相場もわからないため、なかなか踏み切ることができません(^^;

品番で検索するとロシア語のサイトばかりがヒットするので、ロシア向けの商品だったんですかね〜

腕時計をするのは右手か左手か?

カテゴリ:
僕は腕時計は左手にするものだと思っていました。

そう思っていた理由は2つあります。

1つはほとんどの腕時計はリューズは右側にあるので、右手にすると腕にリューズが当たって痛いだろうなと。
それに左手にしていれば右手でリューズを巻くことができますが、右手の場合は一度時計を外さないとリューズを巻くことができません。

2つめは利き手に時計があると文字を書くときなんかに不便じゃないかと。


しかし時計に興味を持つようになって人の腕を見ていると、意外と右手にしている人が多いように感じました。

日本人の左利きの割合は11〜12%と言われていますが、右手に時計をしている人の割合はそれよりも多いように僕は思います。

実際に右手にしている人に聞いてみると理由はそれぞれでした。

「左利きだから」
「なんとなく」
「キムタクがそうだから(笑)」

その中ですごく惹かれる答えが1つだけありました。

「普段は左手だけど、オフの時は右手にする」

これですよ!
オンとオフでスイッチを入れ替えるわけです。
さりげなく仕事に全力で取り組んでいる感も漂います。笑

サブマリーナやスピードマスターのようなオン/オフどちらでもいける時計なら左右を入れ替えるだけでもいいと思いますが、できればも腕時計自体も変えたいところです。

スプリングドライブの月差

カテゴリ:
今日は東京出張です。
ドレスコードがある仕事のため、いつも違ってフォーマルな格好。
時計も久々にグランドセイコーにしました。


こか1ヶ月でこのSBGA011をはめたのは3〜4回くらいです。

あとは時計ケースの中に平置きしていました。

ただパワーリザーブを切ラストことなく動かしていたので、標準時間との差を確認したところ4秒ほど遅れていました。

12月上旬に韓国出張した際に時間を合わせていたので、月差-4秒といったところです。

初めてトゥールビヨンの時計を触りました

カテゴリ:
先日の帰省の際に時計好きな人と出会いました。

複雑な盤面の時計が気になってたのですが、見せてもらったらなんとトゥールビヨンでした。

2016-01-01-18-40-55

トゥールビヨンといえば1,000万円以上が当たり前の世界ですが、こちらの"MEMORIGIN(メモリジン)"は30万円からと安価に購入できるようです。

 MEMORIGIN(メモリジン)

色々と話を聞いてみるとメモリジンは香港のブランドで、トゥールビヨンに特化することで破格の安さで製品を作っているとのこと。

またマニュファクチュールを名乗るだけあって、自社でムーブメントの開発・製造をしているようです。



しばらく眺めさせてもらいましたが、トゥールビヨンの独特の動きには他のムーブメントにはない魅力がありますね。


自動巻の時計は手巻きしない方がいい?

カテゴリ:
時計ジャーナリストの広田さんが書かれた「時計を壊さずに使うには」を読んで衝撃を受けたトピックがありました。

> 自動巻きはできるだけ手巻きをしないこと


詳しくは本家のブログに書きました。

関連記事:腕時計を壊さずに使う方法

img_springdrive08

今までグランドセイコーのSBGA011は思いっきり手で巻き上げていました。

これからはパワーリザーブが切れた場合でも手巻きするのは最小限に留めておきます。 



時計のウンチクが詰まったこの本で広田さんと漫画家のマキヒロチさんの大ファンになりました(^^)

スプリングドライブ(SBGA011)のオーバーホール

カテゴリ:
このブログ以外にnaturumで釣りブログを書いています。
むしろそちらがメインで、こちらがサブという位置付けです。

以前は釣りやモペットの話題を多く書いていましたが、モペットも手放してしまったため、最近は腕時計に対する記事が多くなっています。
それに伴ってブログ村のリンク先も「モペット」から「腕時計」に変更しました。

そうなると今度は腕時計に関すること以外の話題ばかりだと申し訳なくも思います。

メインのブログでもいくつか腕時計に関することを書いていたので、そちらを紹介させてもらいます。

関連記事:グランドセイコー SBGA011のオーバーホール(MIDNIGHT EXPRESS)

DSCN2445

昨年末にグランドセイコーのSBGA011をオーバーホールに出しました。

セイコーファイブ SNXF05のベルトをジェランチャのオイスターブレスに交換

カテゴリ:
半年前にヤフオクで購入したセイコーファイブ SNXF05のベルトを交換しました。
交換したのはセイコーファイブのベルト交換の定番ブランドであるジェランチャです。

DSCN2558

DSCN2559

DSCN2561
 
純正ベルトは他のセイコーファイブと同じ巻きブレスです。

しかしバックルはプッシュ式ではないバックルが付属していました。
(僕の持っている他のセイコーファイブは全部プッシュ式です)

IMG_1933

IMG_1937

IMG_1936

DSCN2932

DSCN2928

交換したのは「ステンレス無垢 オイスターブレス」で、サイズは19mmです。
代金は税込み2,500円で、送料が378円でした。

3,000円未満でソリッドブレスのステンレスベルトが購入できるとか信じられません。

ベルトのコマ調整もピン式ではなくてネジ式です。


唯一の不満点はバックルです。
ジェランチャのバックルはプッシュ式ではありませんでした。

強引に余っているセイコーファイブ純正のプッシュ式のものに交換しようと試みましたが、僕にはできませんでした。

ネットだと交換された方もいらっしゃるようなので、今度大須にある時計屋さんに相談してみようと思います。

これでバックルをプッシュ式のセイコーファイブ純正のものに変えられるのなら、僕の持っているセイコーファイブのベルトは全部ジェランチャ製に交換したいです。

時計小物@ジェランチャ 

セイコーファイブの針の傷はメーカー判断で良品でした

カテゴリ:
先日から記事にしていたセイコーファイブSNZH53J1の長針の傷。

image

買ったショップに画像を添付したメールを送ったところ、「現物を確認させてくれ」と連絡がありました。
指示通りに現物を着払いで送ったところ、傷は良品の範囲内だが今回は商品を交換しますということでした。

関連記事:腕時計の針の傷で返品は可能か?


新しい商品を送ってもらったのはよいのですが、送られてきたのは日差マイナス5分という個体でした。

関連記事:SNZH53J1 また不具合


その点についてショップに問い合わせを入れましたが、返信はありませんでした。

日差はしばらくマイナス5分で安定したままでしたが、 何度か手のひらに優しく叩きつけたら日差マイナス30秒くらいに落ち着きました。

ただ、メーカーが画像で良品判断をしたことについて、ショップへの不信感が拭えなかったので、セイコーのお客様相談室にメールを送りました。

関連記事:セイコーのお客様相談室にメールしました


その問い合わせについての返信は下記の内容でした。

・営業部に確認したところ画像で判断させてもらった履歴がある
・なにぶん普及価格帯の商品のため各種基準が異なる


もちろんメールの冒頭にはご愛顧への感謝と傷へのお詫びが丁寧に書かれていました。


結果としてはショップは事実を伝えてくれていたようです。

日差についての返信がないのは残念ですが、メーカーとのやりとりについてショップを疑っちゃったことについては反省です(;´Д`)

セイコーのお客様相談室にメールしました

カテゴリ:
不具合が続いているSNZH53J1について、ショップの対応がイマイチ信用できないので、セイコーのお客様相談室に経緯を書いて相談のメールを送ってみました。

SNZH53J1 また不具合 

上記の記事で"橋本セイコーさん"からアドバイスをもらったことにも背中を押されました。

IMG_3177

今は 時計の針の傷や日差よりも、「セイコーが本当にあの傷を良品と判断したのか≒ショップが本当にメーカーに問い合わせをしたのか?」が知りたいです。

前者であればショックですし、ショップが適当な対応をしているのだとしたら真実を追求していきます。 

セイコーから返信があったら大丈夫な範囲でアップします。 

セイコー オレンジモンスターとオレンジミニモンスター

カテゴリ:
image

今日は仕事仲間と腕時計を揃えてみました。

オレモンことオレンジモンスターの方がインデックスの作りは高級感がありますが、針やブレスはミニモンスターと同じように見えました。

価格差が約半額ということを考えるとオレンジミニモンスターももうちょっと人気が出てもよいように思います。

SNZH53J1 また不具合

カテゴリ:
針の傷が気になり、ショップで確認してもらっていたセイコーファイブスポーツ SNZH53J1が返ってきました。

関連記事:
腕時計の針の傷で返品は可能か?
セイコーファイブスポーツは交換になりました

image

新しく届いたものも全くの傷なしというわけではありませんでしたが、まぁ2万円弱の時計なのでこれ以上は求めすぎなのかもしれません。
(実際海外向けのセイコーファイブに品質を求めすぎと仕事仲間には言われましたw)

新しい商品が届いたのが木曜日の夜。
で、うれしくて金曜日に会社にはめていきました(^_-)

土曜日もはめていこうと、時計ケースから取り出すと時間が5分遅れ。

遅れがちょうど5分だったので、「きっと昨日合わせ間違えたんだろう」と時刻を修正して韓国へ出発。

出張へは仕事用のグランドセイコーと2つ持っていこうかとも思いましたが、今回はこの1本で行くことに。


韓国でひと仕事終えてホテルに戻り、夕食の待ち合わせ時間にロビーに降りると僕だけ遅刻。
時間を確認すると3分遅れていました。

どうやら交換されたSNZH53J1は日差が大幅にマイナスのようです(´;ω;`)


昨日も着用して遅れを確認したところ、腕にはめているときには日差マイナス5分で、平置きしているとマイナス3分でした。

ショップには一報を入れておきましたが、帰国するまでもこの症状が続くようであれば、再びショップに送り返して、再交換もしくは歩度調整してもらいます。

なかなか手の掛かる個体です(^^;

このページのトップヘ

見出し画像
×