カテゴリ

カテゴリ:旅

制県レベル

カテゴリ:
半年ほど前にtwitterで話題になった制県レベル。

訪問した県をレベル分けしてポイントを付けていくのですが、僕は鉄道旅行だけでなく出張も多かったので、かなりの好スコアをマークできました。

制県レベル

制県レベル

全ての県を訪問し、宿泊したことがないのもあと6県だけ。
ちなみに僕の訪問の定義は歩いたことに加えて、その県で食事をしたかどうかです。

メインのブログでも書きましたが、Jリーグのスタジアム訪問率も6割を超えてきているので、頑張って全スタジアム制覇を実現したいところです。

2018年・夏 青春18きっぷの旅 いざ新潟へ

カテゴリ:
今回の旅で決めていたのは只見線に乗るところまで。
(只見線と決めたのも1日前の夜ですが…)

只見線の車窓や雰囲気が魅力的過ぎて、次のプランが決まらないうちに終着の小出駅に着いてしまいました。

IMG_2241

この時点でのその先のプランの選択肢は次の5点

<上越線下り>
1)飯山線(全線未乗)に乗車
2)小海線(一部未乗)に乗車
<上越線上り>
3)吾妻線(全線未乗)に乗車
4)青梅線、五日市線(一部未乗)に乗車
5)真っすぐ帰る

(1)(2)は一応その日に(終電で)帰ることができますが、ほぼ乗りっぱなしになってしまいます。
(2)の小海線「HIGH RAIL 1375」に乗れればと思ったのですが、時間的に合わず…。

(4)は家から比較的近いので、今日やる(小出から行く)のはもったいないかなと思いました。

残ったのは(3)と(5)。
といっても今日はまだ会津若松から小出まで5時間弱乗っただけなので、帰るのはもったいない気がします。

また吾妻線の始発駅の渋川駅までは小出駅から2時間強もあるので、そこまでで疲れたらそのまま帰ればいいだけのことです。笑


ということで、小出駅11:10発の上越線上り水上行き普通列車を待ちます。

しかし、なぜかその列車を見送り、衝動的に下りの11:12発の長岡行き普通列車に乗ってしまいました。

2018年・夏 青春18きっぷの旅 只見線代行バス

カテゴリ:
列車の終点の会津川口から只見までは代行バスに乗車します。
只見線のこの区間は2011年7月の豪雨で鉄橋や線路の路盤が流出してしまい、ずっと不通になったままです。
只見線が超赤字路線ということもあり、このままバス転換するもんだと思っていましたが、JR東日本と福島県や地元自治体との協議の結果、2016年末に鉄道での復活が決まりました。

これまで鉄道の災害復旧に関しては鉄道軌道整備法により国は黒字の企業を支援することはできませんでした。

その鉄道軌道整備法を2017年8月に改正し、黒字でも国が補助できるようになりました。

只見線の復旧区間はJR東日本と県や自治体の共同で運営される予定です。

今後の運営方法ですが、まず路盤はJR東日本が費用を負担して再整備し、それを県と自治体に譲渡。

今後の路線の維持管理(下部)は県と自治体が負担。
車両の管理と運行(上部)は引き続きJR東日本が負担という上下分離方法で運営されます。

2020年のオリンピック前には全線復旧される予定ですので、復旧したらぜひまた乗りに行きたいところです。


旅行記に戻ります。

代行バスに乗った方のブログを見ると、会津川口駅に着く前に列車内でバスに乗り継ぐ人の数をカウントするという記載を見ましたが、この列車ではそういった声がけはないままに会津川口に着きました。

代行バスに乗ったのは7-8人。
発車待ち中に車内に虻が入ってきた軽くパニックになってのですが、運転手さんが素手でサッと潰したのが格好良かったです。

マイクロバスでもガラガラの人数なので僕は最後尾の5人席を確保。
鉄道と違ってバスには興味がないので、只見駅までの1時間を寝ていこうかという魂胆でした。

しかし運転手さんが景色や只見線の復旧状況などを解説してくれるので、それが興味深くて一睡もできませんでした。

興味深いといってもことがことだけに面白おかしいといった類のものではありません。

2018年・夏 青春18きっぷの旅 念願の只見線

カテゴリ:
会津若松からは只見線に乗車します。

只見線は福島県会津若松市の会津若松駅から新潟県魚沼市の小出を結ぶ全長135kmのローカル線です。
JR東日本管内では最も平均通過人員が少なく、全く儲かっていない路線です。

しかしその秘境っぷりがまた魅力となり、近年ではローカル線の人気(≠利用) ランキングでは上位に挙がることが多い路線です。

またこの只見線は2011年7月の豪雨で只見-会津川口駅間の路盤に甚大な被害が発生し、今だに復旧できておらず代行バスでの運転が続いています。

客観的に見ればこの区間はそのまま代行バスでの運転とした方が経営的には良さそうですが、JR東日本は鉄道での復旧をすることを表明し、ただいま絶賛工事中です。
(詳しく説明すると複雑になりますが、復旧工事はJR東日本が担当。その後線路や路盤を県や自治体に嬢としそれらの維持は彼らが負担。JRは列車の運行のみを担当する上下分離方式での復旧になりました) 

列車の本数も少なく、乗り通せるのは下り(会津若松→小出)が3本、上り(小出→会津若松)が2本だけ。
(当然全列車が普通列車です)
18きっぷシーズンになるとその乗り通せる列車に人気が集中します。
その中でも最も人が少なそうな、6:00発の始発列車を選びました。
 
この列車の乗ろうと思うと会津若松に泊まる(か車で来る)しか方法がないので、 18きっぷシーズンでもガラガラな只見線が堪能できると思い、わざわざ前泊しました。

IMG_2184

5時起きで会津若松駅へ。
川崎や名古屋に比べると暑さが優しいように感じました。 

本日の相棒のキハ40。

IMG_2187
 
IMG_2189

IMG_2193

IMG_2195

キハ40系は最近は観光列車に改造されていたりもしますが、只見線で使われているのは国鉄感が残っています。

IMG_2190

通常の4人がけのボックスシートだけでなく、2人がけやロングシートも設置されているタイプでした。 

また構内にはキハ58系っぽく塗装された車両もありました。

IMG_2197
 
列車は1ボックス1人未満という乗車率で定刻通りに会津若松を出発。

IMG_2200

IMG_2202

途中には北海道っぽい貨車を改造した駅舎もありました。

IMG_2203

只見川が近づいて来ると車窓が一気に秘境感が満載になってきました。

IMG_2205
 
只見線の名物の川霧も見ることができました。

この辺りから携帯の電波も怪しくなり、SoftBankはおろかdocomoまで圏外になりました。
列車が通っているところでもまだ日本にこんなところがあるんですね〜

2018年・夏 青春18きっぷの旅 会津若松へ

カテゴリ:
7/20(金)から夏の青春18きっぷシーズンが始まりましたね。
昨年から鉄道に関する仕事もしていることもあり、社内外で鉄道趣味活動(鉄ヲタ)を公言できることを楽しく思います。

ということで週末に奥さんが不在なのをいいことに早速旅に出てきました。

しかも今回は金曜日の仕事上がりに帰宅せずにそのまま列車に乗り込みました。
ちょうど外出する予定もなかったので、ポロシャツ+スニーカーにノースフェイスのBCフューズボックスというギリギリクールビスな格好で出勤。

この日中にやらなきゃいけないことだけを終わらせて、上野東京ラインに乗り込みます。

宇都宮、黒磯、新白河と快速/普通列車を乗り継いで郡山へ。
郡山で初めて改札を出て、郡山名物のクリームボックスとままどおるを入手(^^)

FullSizeRender
FullSizeRender

福岡の名物駅弁 東筑軒「かしわめし」

カテゴリ:
先日の福岡出張の帰りは新幹線を利用しました。

その日が博多祇園山笠の追い山(クライマックス)だったこともあって福岡市内にホテルが取れなかったこと。
また三連休だったので帰りの飛行機が高額だったこと。

この二つが大きな理由です。

ホテルは結局新幹線に乗るのに便利な小倉に泊まりました。

博多から小倉までは新幹線を利用。

787系の特急「きらめき」と迷いましたが、久々に500系に乗りたかったので、新幹線にしました。

IMG_4436
IMG_4439

小倉ではたまたまこちらに帰省していた義理の父と合流し、NHKドキュメント72時間にも登場した100円ビールが有名な24時間営業の居酒屋「白頭山」へ。

IMG_4445

小倉駅からは歩いて3分ほど。
怪しげな路地の奥にお店があります。

100円ビールはセルフサービス。
中身は第三のビールの「のどごし生」です。

IMG_4450

同じテーブルの席の2人組の公務員のおじさまと意気投合し、めっちゃ飲みましたが、会計は2人で3,000円ちょいでした。笑
飲み物が100円だと無敵ですね〜

料理も安いのに味はちゃんとしていて、このにら玉は味は濃くないのに最高に美味しかったです。

IMG_4447

翌日は頑張って早起きして、新幹線で一路東へ。

IMG_4464


N700系7000/8000番台では珍しい「ひかり」号です。
(通常は九州新幹線に直通する「みずほ」「さくら」の運用)

IMG_4462

ここぞとばかりにエクスプレス予約のポイントを使って、グリーン車に乗りました。

IMG_4468

N700系7000/8000番台は普通車も2+2でゆったりしているので、普通車で十分快適なんですけどね〜

途中の岡山駅では試運転中のN700Sに遭遇しました(^^)

IMG_4479
IMG_4478

新大阪からは2019年度末で引退が決まっている700系に乗車。



超繁忙期のホテルあるある

カテゴリ:
福岡の出張先の近くにはホテルがなかったので、博多駅近くのホテルを取りました。
そもそもこの週末は博多祇園山笠祭があり 土曜日の夜をピークにホテルはほぼ満室。

それでも金曜日はなんとか1万円以内(約8,000円)でホテルを確保することができました。

金曜日は終電ギリギリまで仕事になってしまったので、チェックインが遅くなる旨をホテルに連絡します。

ホテルの電話番号を調べるためにホテル名をネット検索すると、WEBサイトに"当ホテルは男性専用です"という文字が目に入ります。

男性専用=サウナ/カプセルホテル

という図式が当てはまりますが、さすがに8,000円のカプセルホテルはないでしょう…と思い、恐る恐るサイトを確認すると、全力でカプセルホテルでした。涙

IMG_1986

値段だけみてビジネスホテルに違いないと勝手に思い込んでいました。
変に旅慣れてゆえの弊害というか、ただの確認ミスですね…。

ちなみに8,000円のからくりはこうでした。 

福岡出張

カテゴリ:
週末に福岡出張が入りました。
午後イチのフライトだったので、前日に残業して当日は羽田に直行!

成田と比較すると羽田は近くていいですね〜

IMG_1968

お昼前の羽田空港のラウンジ(といってもクレジットカードで入れる方)はそこそこ混んでました。

IMG_1969 (1)

そういえばビックデータでは空港への訪問回数が多い人は「上昇志向が強い人」というタグが付くそうです。
それはだいぶ飛躍しているように思いますが…。 

ちなみに13:35の便だったのですが、なぜか12:25の便に並んでしまいゲートで弾かれて恥ずかしい思いをしました…
疲れが溜まっていたんだと思いたいです…

週末に福岡の山笠祭がある影響か飛行機は満席でした。

直前で運良く通路側の席に変更できたのですが、結果的にはこれが裏目。
隣がBIGサイズのおばちゃんで組んだ腕が肘掛からはみ出まくってきて非常に不快でした…。
肘掛の領空侵犯はマナー違反という啓蒙活動を実施したいです。

そのイライラを収めてくれたのがこのステンレスボトル。

IMG_1981

ANAの機内限定販売らしくスヌーピー好きな奥さんへのお土産にしました(^_-)

福岡空港からは博多駅を経由して鹿児島本線に乗ります。
その前に博多駅の博多めん街道のshin-shinで腹ごしらえ。
 
IMG_1970 (1)

この日は現場仕事で長引きそうだったので、昼ごはんもギリギリまで遅くしたんですが、これは正解。

結果的にホテルを取ってた博多駅に行く終電まで仕事は続きました。

IMG_1985

博多駅には日付が変わった0:20に到着。

やっと眠れる…とホテルにチェックインしようとしたらビジネスホテルでなくてカプセルホテルでした…('A`)

中国白雲国際空港(CAN)

カテゴリ:
頑張ってAM4:30に起きて空港へ。

IMG_3900

早い時間なので道路も空いていて快適でした。

IMG_3903

広州空港こと中国白雲国際空港は新しいターミナルが出来て、地元キャリアの中国南方航空がそっちに移籍したらしく、ANAのターミナルはガラガラでした。

同行者がステータスを持っているので、ビジネスクラスのカウンターでチェックイン!
(乗るのは当然エコノミーですが)

IMG_3902

同行者もラウンジが使えるので、朝食取ってゆっくりしました。

IMG_3908

ではそろそろ搭乗です。

IMG_3910

帰りは羽田ではなくて成田なので、そこから家までが遠いです…。

初めての中国出張

カテゴリ:
出張で中国の広州に来ています。

広州は香港のちょっと北にある都市で、北京と上海に次いで中国第三の都市といわれています。

第三の都市といえども超都会でした。

IMG_3836

食は広州にありというように何を食べても美味しいです。

IMG_3834

今日は広東料理で有名なおかゆ鍋を食べに連れて行ってもらいました。

IMG_3885

おかゆの中に肉やシーフードを入れるのですが、あっさりした味ですごく美味しかったです。

IMG_3886

タレは自分で作る感じでしたが、どれも辛めでした。

IMG_3884

みんなで中国の焼酎である白酒(バイジュ)を飲んだのですが、セメダインと同じ香りが強いのとそもそもアルコール度数が52%もあるので、ヘロヘロでホテルに戻ってきました。

IMG_3887

飲みすぎたんで明日起きられるか心配です…

羽田空港国際線

カテゴリ:
今日から中国に出張です。

IMG_3819

同行者がスターアライアンスのステータスを持っていたので、ANAラウンジに連れてきてもらいました。

IMG_3820

セントレアのスターアライアンスラウンジと違って料理が充実していました。

こんなイベントがあるとわかっていたら家で朝食食べてこなかったのに…

名古屋から羽田へ飛行機で(JAL208便)

カテゴリ:
今週は名古屋に帰省していました。
これまで新幹線、自家用車、高速バスを利用してきましたが、普通に往復するのは飽きてきたので、今回は行きは「ぷらっとこだま」、帰りは飛行機にしました。

新横浜-名古屋間の新幹線の費用は下記の通り

10,240円 通常料金(指定席)
9,480円 EX-IC
8,100円 ぷらっとこだま(普通車指定席)

ぷらっとこだまは通常料金よりも2,140円安くなるのが売りですが、僕はEX-ICの会員なのでお得額は1,380円。

ちなみにぷらっとこだまは1,000円プラスするとグリーン車を利用できますが、そうするとお得額は380円だけになってしまうので、今回は普通車プランにしました。
ちなみにドリンクチケットが1枚付いてくるので、缶ビールを飲みながらゆったりすることができます。


帰りは初めての中部(セントレア)-羽田便。
この区間はANAが1便/日、JALが2便/日飛んでいます。
基本は羽田での国際線乗り継ぎが主たる目的だと思いますが、ネットを検索すると僕みたいなモノ好きも乗ってそうです。

ちなみに航空券代は8,100円でしたが、クラスJにしてしまったので9,100円…しかもセントレアまでは地下鉄+名鉄で1,000円ほど掛かります…。
(JL208便は機材が国際線仕様なのでクラスJ=ビジネスクラスという乗り得仕様です)


搭乗時間まで余裕があったのでミュースカイは使わずに、準急でセントレアへ。

IMG_3510

この時間にセントレアから出発するのはホノルル、マニラ、バンコクと僕の乗る羽田便しか残っていないので、ガラガラです。



北海道遠征まとめ

カテゴリ:
今回の1泊2日の北海道遠征での費用などを備忘録としてまとめておきます。

◆交通費
<Day1>
   388円 武蔵小杉−上野
1,235円 京成上野-空港第2ビル
1,230円 特急券(スカイライナー)
6,960円 バニラエア JW909 成田−千歳
   350円 新千歳空港−千歳
2,260円 「一日散歩きっぷ」

<Day2>
3,500円 「北海道 150年日帰り周遊パス」
   230円 中央バス(新十津川役場−滝川駅)
1,130円 自由席特急券(滝川−札幌)
   200円 札幌市営地下鉄(札幌−すすきの)
6,960円 バニラエア JW918 千歳−成田
1,663円 空港第2ビル−武蔵小杉

交通費小計:26,106円


◆宿泊費
4,500円 BIZCOURT CABINすすきの −ルートインホテルズ−(Cタイプ)

◆食費
<Day1>
   130円 ドリンク(上野駅)
1,080円 札幌ラーメン(新千歳空港)
   500円 缶ビール他(千歳駅)
2,000円 生ラムステーキ他(夕張屋台村)
   250円 おにぎり(すすきの にぎりめし)
   230円 缶ビール(ホテル)

<Day2>
   600円 サンドイッチと缶ビール他(石狩当別駅)
2,000円 すしざんまい(すすきの)
   750円 おつまみセット(新千歳空港)
   200円 ドリンク(空港第2ビル駅)

食費小計:7,740円

合計:38,346円

 
◇フリーきっぷによるお得額

<きっぷで乗車した場合>
1,410円 新千歳−夕張
2,490円 夕張−追分−沼ノ端−札幌
1,640円 札幌−新十津川
1,640円 滝川−札幌
1,070円 札幌−新千歳空港

乗車券合計:8,250円

<フリーきっぷ>
2,260円 一日散歩きっぷ
3,500円 北海道 150年日帰り周遊パス

フリーきっぷ合計:5,760円

お得額:2,490円

北海道遠征 帰路(滝川−札幌−新千歳−成田)

カテゴリ:
新十津川役場から9:56発の中央バスに乗り滝川駅に向かいます。

FullSizeRender

滝川駅まではバスで4km・10分ほど。
札沼線で見かけた人が歩いているのを途中の車窓越しに見かけました。

滝川駅は特急の停車駅ということもあり、非常に近代的な建屋でした。

IMG_3087

15分ほどの待ち合わせで特急「オホーツク2号」がやってくるので、急いで自由席特急券(1,130円)を購入します。
その10分後にやってくる特急「ライラック16号」でも時間的には大して変わらないのですが、どうせ乗るなら車両が古いキハ183を使用した「オホーツク」に乗りたい感じです。

今日はJR北海道全線に乗ることのできる「北海道 150年日帰り周遊パス(@3,500)」を使っていて、この切符は別途指定券を買うと特急にも乗れるのが大きな特徴です。

ここで特急に乗らずに普通列車で札幌に戻るなら昨日も使った「一日散歩きっぷ(@2,260)」というもっと安い切符があるのですが、それだと札幌着が1時間遅れるので、今回はお金で時間を買いました。

対向列車の旭川行きの特急「カムイ」。
旭川までは電化されているので、こちらは電車特急です。

FullSizeRender

僕らが乗る「オホーツク」は気動車。
網走から札幌を5時間半かけて走破します。

FullSizeRender

列車は4両編成で、自由席はそのうちの1.5両。
並んでいたこともあって、余裕で座席を確保できました。

IMG_3088

どうやって自由席と指定席を分けているんだろうと思ったら、列番号で区切っていました。

FullSizeRender

これだと自由席の人は気付かずに指定席の座席に座ってしまうだろうな〜と思ったらもっとわかりやすい区別がついていました。

IMG_0740

スゴいアジアっぽいフォントでシートカバーに「指定席」と印字されています。笑

ここまで書いてあっても間違えて(わざと?)座っちゃって、車掌さんに移動を促されている人が散見されました。

北海道遠征 札沼線 新十津川駅訪問

カテゴリ:
北海道二日目は札沼線を乗り潰します。

5時半に頑張って起きて、6:15にホテルを出発。
6:58発の札沼線(学園都市線)石狩当別行きに乗るつもりでしたが、札幌駅に早く着いたので1本前の6:39発の列車に乗れました。

この列車は快速「エアポート」に使われる733系でした。
指定席車両のμシートが解放されていたので、そこに着席。
リクライニングシートで快適な40分…となるはずが昨日も夕張支線で一緒だった話声のデカい親父が近くで話し続けます。
通常の会話ならまだしも中韓のヘイトをするので朝から実に不快でした('A`)

石狩当別からの新十津川行きはキハ40の単行。

FullSizeRender

FullSizeRender

まずはボックス席を確保して撮影&買い出しタイム。
駅前にローソンがあって便利でした。

FullSizeRender

その後に当初乗る予定だった列車からの乗客を受けて、定刻通りに出発。

1ボックスに2人程度の乗車率でした。

北海道遠征 すすきの

カテゴリ:
夕張から普通列車を乗り継ぎ札幌駅には22時前に到着。

札幌駅からホテルのあるすすきのまでは地下街を歩いて15分ほど。

繁華街の雰囲気を味わいたいので、狸小路から路上に出ました。

IMG_2878

ホテルにチェックインする前にNHKの「ドキュメント72時間」で見た24時間営業のおにぎり屋さん「にぎりめし」を訪問。

一番人気のたらこバター(しょうゆ味)@250を食べました。

IMG_2871

おにぎり1個で250円ってどうなの?と思いながら食べたらこれが激ウマ。
250円でこの美味しさならアリだと思います!

北海道遠征 夕張駅

カテゴリ:
千歳から夕張駅までは2時間。
この日は全国的に気温が上昇し、北海道でも日差しが当たる車内は暑いくらいでした。
夕張までには特急退避の停車がいくつかあり、その際に窓を開けてみると心地よい風が入ってきて非常に快適でした。
流石に走行中に開けると寒すぎましたが(^^;

夕張駅で降りたのは10人ほど。

そのうち夕張駅に留まったのは1人だけで、あとは8分後の列車で折り返していきました。

IMG_2852

IMG_2855

観光案内所兼駅舎は綺麗に整備されていて、廃線までのカウントダウンが始まっていました。

僕は3時間後の列車で折り返すのですが、いきなり屋台村に行っても手持ち無沙汰になるのは必至なので、まずは夕張市内を歩きます。

IMG_2859

駅前のリゾートホテル「マウントレースイ」
背後にはスキー場が備わっています。

6月から夏までは宿泊者は夕張メロンが食べ放題になるようです。

ホテルから歩いて15分ほどで市役所に到着。

IMG_2857

市役所は不釣り合いな5〜6階建て。
職員は1/3くらいまで減っているので、一部しか使っていないものと思われます。

市役所に隣接する公民館は入り口が板で封鎖されていました。

IMG_2858

帰路は団地が建ち並ぶ方の道を歩きましたが、人影がほとんどなく寂しい感じが前面に出ていました。
人が住まなくなった建屋は外装がボロボロになっていてさらに寂しさを助長していました。

夕張駅に戻ってくるとちょうど1時間経過。

バリー屋台こと「ゆうばり屋台村」で夕食をとります。

北海道遠征 石勝線 キハ40

カテゴリ:
新千歳空港駅から快速「エアポート」で千年駅に向かい、そこで「一日散歩きっぷ」を購入。

千歳駅始発の普通列車夕張行きに乗車。

IMG_2830

IMG_2828

車両は日高線仕様のキハ40でした。

日高線も台風の影響で大部分が不通になっているので、浮いた車両がこっちに回ってきているんでしょうね〜

IMG_2834

車内は向かい合わせのボックスシート。

北海道遠征 バニラエア JW909 NRT⇒CTS

カテゴリ:

東京駅からの高速バスだと成田空港まで80分ほど掛かりますが、最高速度160km/hで走るスカイライナーだと上野駅から成田空港第2ターミナル駅まではたったの45分で到着。


ただ第2ターミナル駅からLCC専用ターミナルである第3ターミナル(旅慣れている風にいうと3タミ。笑)までは歩いて15分くらい掛かります。


IMG_2810


3ターミナルはラウンジもないので、キオスク端末でチェックインして、直ぐに搭乗口へ。


IMG_2812


IMG_2813


搭乗口でiPadを触っていたら早々にバスへの乗車案内が始まりました。


IMG_2814


「出発時間まではまだ45分くらいあるのにえらい早いな」と不思議に思っていると乗車する機材は搭乗口から見えていたものではなく、バスで10分超も走った先でした。

北海道遠征 スカイライナー

カテゴリ:
週末を使って北海道に弾丸旅行に行きます。

北海道への足はバニラエア。
LCCが離発着するのは羽田ではなく成田空港。

羽田だったら自宅から30分ちょっとで行けるのですが、頑張って2時間弱かけて成田へ向かいます。

普段は東京駅から1,000円で成田空港まで行ける高速バス「THEアクセス成田」を利用することが多いのですが、今回は京成のスカイライナーを選びました。

まずはスカイライナーの始発駅である上野へ。

FullSizeRender

上野駅も昔は北(東北・北海道)の玄関口という位置付けでしたが、今はその特別感は薄れてしまいました。
この壁画をその時代からずっと残っているそうです。

JR上野駅から京成上野駅までは徒歩で5分くらい。
純粋な乗り換えなら次の日暮里駅での乗り換えが便利ですが、僕は出来るだけ始発から乗りたいので上野駅での乗り換えを選びました。

IMG_2804

成田空港へは特急料金の不要なアクセス特急も走っています。

このページのトップヘ

見出し画像
×