カテゴリ:
ナチュラムの本家ブログではいくつかのアフィリエイトを登録しています。

主なところではGoogle AdSense、Amazon アソシエイト、楽天アフィリエイトとナチュラムのアフィリエイトです。
売上が多い(といっても全部合わせて1万円を超えた月が過去に一度あったかどうかというレヴェルです)のはAdSenseとAmazonです。


パーツに個別送料が加算されるようになるまではナチュラムが稼ぎ頭でした。
バスワンの600円ハンドルと一緒にたくさん買い物をしてくれる人がいたんです。

ですが、それ以降はパーツ代金(600円)にパーツセンターの送料(500円)に通常の送料が掛かるようになってしまったので、月に1〜2回程度まで減りました。

回数が減っただけでなく、パーツと一緒に色々と買い物をしなくなり、パーツだけの注文ということが多くなりました。


そうすると僕のモチベーションも下がり、記事に貼るリンク先がナチュラムからAmazonにシフトするようになりました。

Amazonではリンクを通してタトゥーラをたくさん買っていただきました(^^)


こうしたアフィリエイトはお小遣いがもらえるだけでなく、マーケティング視点での結果が見えるのがとても面白いです。


「みんな買ってや〜」という邪な気持ちで貼ったリンクは売上が少ないですし、参考になる(と読み手が思う)記事のリンクは想像以上の売り上げがあります。

アフィリエイト以外のマーケティングも本質は同じだと思います。
リンクの数をやたらめったら増やすだけで売上が増えることはまずないでしょう。

楽天やヤフオクでやたら同じ商品を出品してたり、関係のない検索ワードを盛り込みまくっている人から物を買いたいと思うでしょうか?

そういう邪な気持ちは本人の思っている以上に相手に伝わっているはずです。

まぁ情弱(レイトマジョリティ)な人たちはどうか知りませんけど…。


▲【ご参考】最近の売上


ピュアな気持ち(笑)でナチュラムのリンクを貼ったら売上が伸びました。

こういう結果が直ぐに見えるのが面白いです(^^)