カテゴリ:
先日書いたとあるブログの不正クリック疑惑
その本人さんが書かれたブログ村についての2件の記事を読んだところスゴい違和感を覚えました。


もし僕のところにブログ村から不正クリック疑惑のメールが届いたら「やってない!」(実際はもっと汚い言葉で)と一蹴します。

でもこの方の反論は違います。


「そんなヒマがあるか」

「身に覚えがない」



わざわざ記事でブログ村に対して反論を書いている割りにはトーンが弱いんですよね。


ブログ村から指摘されたクリック代行業者の使用や、相互クリックのコミュニティを活用したりしていないのであれば、「やっていない!」とキッパリ言えばいいと思うんです。

特に「そんなヒマがあるか」という反論は相互クリックのコミュニティの活用疑惑については当てはまりますが、クリック代行業者の使用疑惑については反論になっていないと思うんです。
お金を払えばロボットでIP変えてクリックしてくれるので、むしろ手間いらずだし。

推測ですけど、ブログ村のバスフィッシングカテゴリで1位を取るくらいなら予算は3〜5,000円/月くらいで充分ではないでしょうか。



それと上記の言い回し以上に気になるのが、同じ魚の画像の使い回し疑惑です。


仮に同じ魚ということが立証されてしまったら「ワザとではなくてただのミス」「暇じゃないのでイチイチどの魚がどれだったかまで覚えていない」的な言い訳をされるのでしょうか。


でも、タイムスタンプ、魚のサイズ、ルアーまで明記されているので、魚を間違えることもないと思うんです。

一日で数十匹も釣っていたらわからなくなることもあるんでしょうけど、2匹ですからね…。


もちろん人間なんで間違えることはあるとは思いますが、僕なら仮に間違えたとしても直ぐに気付くと思います。

疑惑は深まるばかりです(*・ε・*)