タグ

タグ:帰国まで

ソウル ハンナムドンのオーセンティックバー

カテゴリ:

仕事の打ち上げで焼肉を食べたあとに、ハンナムドンという高級マンションが多く建つエリアのBARに連れていってもらいました。

韓国にはBAR文化が根付いていないのか、この手のオーセンティックバーはあまり見かけません。


パイナップルジュースの入ったラッフルズホテル仕様のシンガポールスリングがあるなど本格的なお店でしたが、1杯2,500円は高すぎかと。

サントリーの角ウイスキーのボトルが25,000円でしたからね('A`)

韓国で友人と合流

カテゴリ:


同じタイミングで韓国に来ていた知人と合流しました。

お互い別で晩ご飯を食べていたので、明洞のカフェでお茶しました。

仕事はあと2日。
頑張ります!

カテゴリ:
ホンダアクセスが運営するショッピングモール「Circle h」で管釣りタックルのセットがハロウィンセールで最大55%オフの特売りされています。

特にこの管理釣り場トラウトセット1がお買い得だと思います


【セット内容】
  竿:DAIWA ファントムAT 63XUL
 リール:DAIWA EXCELER 2004
 糸:Daysprout テレメトリーナイロン100m 2.5lb
 ルアー:(スプーン 8個 プラグ 2個)
 その他:DAIWAプレッソワレットM、DAIWAプチプライヤー110H、
      Daysproutスナップ#0


相場を確認するとロッドだけでも1万円ちょいしますし、リールの14 エクセラー2004も7,000円します。

そう考えるとライン、ルアー、ワレット、プライヤーは無料でゲットできるようなものです。

仮に全部の商品をヤフオクでさばいたら儲けが出るでしょうね〜

セールは10月末までだそうです。

SNZH53J1 また不具合

カテゴリ:
針の傷が気になり、ショップで確認してもらっていたセイコーファイブスポーツ SNZH53J1が返ってきました。

関連記事:
腕時計の針の傷で返品は可能か?
セイコーファイブスポーツは交換になりました

image

新しく届いたものも全くの傷なしというわけではありませんでしたが、まぁ2万円弱の時計なのでこれ以上は求めすぎなのかもしれません。
(実際海外向けのセイコーファイブに品質を求めすぎと仕事仲間には言われましたw)

新しい商品が届いたのが木曜日の夜。
で、うれしくて金曜日に会社にはめていきました(^_-)

土曜日もはめていこうと、時計ケースから取り出すと時間が5分遅れ。

遅れがちょうど5分だったので、「きっと昨日合わせ間違えたんだろう」と時刻を修正して韓国へ出発。

出張へは仕事用のグランドセイコーと2つ持っていこうかとも思いましたが、今回はこの1本で行くことに。


韓国でひと仕事終えてホテルに戻り、夕食の待ち合わせ時間にロビーに降りると僕だけ遅刻。
時間を確認すると3分遅れていました。

どうやら交換されたSNZH53J1は日差が大幅にマイナスのようです(´;ω;`)


昨日も着用して遅れを確認したところ、腕にはめているときには日差マイナス5分で、平置きしているとマイナス3分でした。

ショップには一報を入れておきましたが、帰国するまでもこの症状が続くようであれば、再びショップに送り返して、再交換もしくは歩度調整してもらいます。

なかなか手の掛かる個体です(^^;

生理的欲求が満たされないと心が折れる

カテゴリ:
ただいま韓国に出張中です。
海外に出張というと楽しそうに聞こえるかと思います。

僕も自分が行くまでは「会社のお金で海外に行けていいな〜」と思っていました。

もちろん楽しい面もありますし、国内の仕事とは異なる魅力があるのが事実です。

頭の体操を含めて、メリデメを整理してみます。


【衣】
○ メリットなし
× 洗濯するのが大変 or 荷物が増える

【食】
○ 日本で食べられない料理が食べられる。日本食のよさに気付く。
× 辛い料理ばかり。毎日酒を飲まされる。料理のバリエーションがない。韓国人にクチャラーが多い。一人で食べられる料理が少ない。鍋料理に直箸で突っ込む。アルコールがビールと焼酎しかない。

【住】
○ それなりのランクのホテルに泊まることができる
× 湯船がない。ウォシュレットがない。水が硬水のため髪がゴワゴワになる。 日本語のTV番組がNHKワールドしかない。


昨日もお昼も夜も似たような料理でした。

食が満たされなくなると心が折れていくのが自分でもわかります。



人間の欲求の中で、もっとも下にあるのが空気、水、食べ物、睡眠などの生理的欲求であり、それが満たされて初めて社会的欲求や自己実現欲求が生まれてくるというマズローの欲求段階理論が腹に落ちました。

即席トッポギ

カテゴリ:
日曜日は仕事が18時過ぎに終わったので、繁華街の明洞まで行ってきました。

ホテルからは歩いて20分程度です。

日曜日の夜にも関わらずものすごい人出でした。

IMG_3116

IMG_3119

ホテルがあるのはビジネス街のためか飲食店は日曜日の夜は休んでいるところがほとんどでした。

しかし明洞では閉まっているお店はほとんどありません。

その中で即席トッポギのお店に入りました。
昨日(日曜日の夜)に食べたプデチゲとかなり似ている料理ですが、これはこれで美味しかったです。
(辛かったけど…)

料金は漬物と〆の炒飯がセットになって1人前8,000ウォン(約800円)でした。


帰りは屋台のフレッシュジュースを飲みながら腹ごなしを兼ねてホテルまで歩きました。

ジュースはオレンジ、レモン、ピンクグレープフルーツとザクロがありました。

IMG_3124


IMG_3125

僕は珍しさも手伝ってザクロを選択。

ザクロ以外は3,000ウォンで、ザクロだけちょっと高い5,000ウォンでした。


日本だとフレッシュジュースは駅の構内にある印象ですが、屋台で売っても反響があると思うんですけどね〜
(でも日本は屋台は自治体の許可とアッチ系の人との関係で難しいですかね)


赤い系の食べ物ばかり食べていたので、そろそろ日本食が恋しいです。

アシアナ航空 OZ121の機内食(中部⇒仁川)

カテゴリ:
今回の出張ではアシアナ航空を使っています。

プライベートではLCCのジェットスターにお世話になりまくりですが、仕事の場合はレガシーキャリアに限って利用しています。
LCCは機材の取り回しに余裕がないので、天候以外の理由でも遅延や欠航になる可能性があります。

天候不良による全便欠航で仕事に行けないならまだ致し方ない面もありますが、機材繰りによる欠航だとが言い訳ができません。

またレガシーキャリアの場合は機内食も楽しみです。

IMG_3090

中部⇒仁川は飛行時間2時間弱の短距離路線のため、機内食は簡単なものです。

ひどいときはおにぎり一個とかいうこともありますが、今回は美味しいサンドイッチでした。

帰りの便もこのレベルだといいのですが(*・ω・)

このページのトップヘ

見出し画像
×