カテゴリ:
表のMEXに今年初のブラックバス釣行記をアップしました。

その小ネタを2つほど。

一つはタックルの選択。

今回は突発釣行ということで何も準備ができていなかったので、釣行が決まった2日前の夜に慌ててラインを巻き直しました。

その際に「フロロではなくてPEを巻きっぱなしにしてあるタックルを使う」という選択肢も浮かびました。
PEなら巻き直す必要もありませんしね。

それと改造した鱒レンジャーZ CT56Mを持ち込もうかという考えもありました。
もちろん早く使ってみたかったからなんですが、時期的にデカいバスが釣れてしまう可能性もあるので、今回は自粛したのですが結果的には正解でした(。・ω・)ノ゙


二つ目はベイトタックルで釣りたかった話。

この日に魚を釣ったのはアリヴェール65とエアリアルHPの2本。
両方ともスピニングタックルです。

どうせなら持ってきたタックル全てで魚を取りたいとかなりの時間をカーブスターを握っていました。
ノーシンカーやジグヘッドはさすがにキツいので、ライトテキサス、ラバージグやキャロを使っていたのですが、1バイトも取ることができませんでした。


その日のパターンを重要視してドライにスピニングを使っていればもう1〜2匹は釣れたんじゃないかなというのが”たられば”の僕のいいわけです(苦笑)


しかし初釣りからいい釣りができました。

4−6月はグロービスを受ける予定もしていないので、なるべくたくさん琵琶湖に行きたいものです。